イージーマネー (2010)

Snabba Cash (2010)

オリジナルタイトル:Snabba Cash

English Title:Easy Money

日本語タイトル:イージーマネー

監督:ダニエル・エスピノーサ Daniel Espinosa

上映時間:124 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

コカイン取引に絡む3人の男たち。取引の為に刑務所を脱獄して来たばかりのホルヘは、母と姉(妹?)の面倒を見るためにどうしても取引を成功させたい。そのホルヘを追う対抗組織の用心棒ムラドは切れ者だが、別れた妻がドラッグ中毒で収容されたため、小さな娘を引き取り仕事と娘の世話の両立を強いられている。ホルヘの護衛を依頼された JW(ユーアン)は経済学を専攻する貧乏学生だが、上流社会を夢見てタクシー運転のバイトをしながら小銭を稼ぐ毎日。ムラドに襲われていたホルヘを助けた JW は、さらに金を積まれることでホルヘをかくまうことになる。

メモ

  • クライムドラマ
  • 刑事訴訟の弁護士でもある小説家イェンス・ラピドゥス Jens Lapidus のストックホルム暗黒街を描いた3部作の第1作目 Snabba cash の映画化。イェンス・ラピドゥスはスウェーデンのジェイムズ・エルロイ(L.A.コンフィデンシャルアメリカン・タブロイド 等)、デニス・ルヘイン(ミスティック・リバーシャッター アイランド 等)ともいわれているらしい。
  • 脇の配役が意外に渋い(デジャン・チュキッチ、ファレス・ファレスなど)
  • スウェーデンのアンダーグラウンドを仕切るのも移民か?
  • JW の口座の残金 243 SEK (≒ 3,000 円)
  • JW の学ぶ大学はストックホルム商科大学(Handelshögskolan i Stockholm)。日本で言えば慶応大学みたいなものか…
  • 「中国語では “危機” と “機会” は同義」JW の大学の講義にて
  • カールとソフィーのいたらしい Lundsbergs skola はストックホルムのボーディングスクール
  • アブドゥルカリムに言われてホルヘを見つけに JW が向かった場所 Malmvägen は、ストックホルムの北郊外 Sollentuna に60年代から70年代に開発された集合住宅地区。移民が多く住むところらしい。
  • JW の出身地はノールランドの Robertsfors(グーグルマップ参照

コメント

上流階級の暮らしを目指した JW が、いつのまにかアンダーグラウンドの世界に足を踏み入れるというお話。映画の中でも描かれるように、金持ちの社会と闇の社会はどこか似ていて、結局は同じ穴の狢ということかもしれません。

アクションよりも人物描写にウエイトがあり、淡々と物語が進んでいきながらも、見ているうちにストーリーに引き込まれていきますが、個人的にはいくつか不満な点もありました。カールがパーティの席上で3種類の人間の話をするので、それが中心の3人の人物のことかと思うとそうでもなさそだし、登場人物の中で庶民に最も近そうな JW の目を通して社会の暗部をみることになるのかと思えば、彼の人生も意外とミステリアスなものがあって、3人の中ではいちばん理解に苦しむ行動をとったりしてました。3部作って言われるぐらいだし、JW の謎はラピドゥスの他の小説で明かされたりするんですかね? まあ私としては JW 役のジョエル・キンナマンをじっくり見れた映画ということで満足することにします。

そのジョエル・キンナマンですが、マイライフ・アズ・ア・ドッグ (1985) でサガを演じたメリンダ・キンナマンの弟で、Johan Falk の GSI シリーズでも大活躍でした。最近はアメリカのTVシリーズ The Killing (2011) に出演したり、ハリウッド版 ドラゴンタトゥーの女 (2011) でミレニアムのスタッフを演じたりしてるみたい。

私としての見所はそんな感じですが、いろいろこの映画を観た人のブログとか見てみると、意外にムラドの娘のルヴィーサが人気みたい。参考までに下にルヴィーサ役のレア・ストヤノフのインタビュー記事のリンクをのせておきます。私のスウェーデン語力ではほとんど理解ができませんでしたが、とりあえずはスウェーデンで子供モデルとしてCMとかで活躍中のようでした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD、原作本情報ほか

Kærlighed på film (2007)

Kærlighed på film (2007)

オリジナルタイトル:Kærlighed på film

English Title:Just Another Love Story

監督:オーレ・ボールネダル Ole Bornedal

上映時間:100 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人事件の死体撮影を仕事とするカメラマンのヨナスは、特殊なのはその仕事だけで、妻と二人の子供を持つ一般的な夫であり父でもある。彼は郊外に新しいアパートを手に入れて平凡な生活を送っていたのだが、ある朝、一家を乗せた車が路上でえんこし、ヨナスの車をよけようとした一台が大事故を引き起こす。その車を運転していた女性ユリアは重傷を負い、担ぎ込まれた病院で意識不明となる。事故直後のミステリアスなユリアの顔が頭から離れないヨナスは、恋人だと偽りユリアの病室へ様子をうかがいにいこうとするが、病院に居合わせたユリアの家族に、ユリアの実の恋人らしきセバスチャンなる人物と間違われてしまう。じきに意識を取り戻したユリアだったが、視力を失い、セバスチャンの記憶も失っていたユリアの家族の強引な依頼もあり、ヨナスはセバスチャンになりすましたままユリアの世話をしていくことになる。

ひとくちコメント

  • サスペンス・スリラー
  • I Am Dina (2002) のあと5年を経て、オーレ・ボールネダル監督作品として久々に世に出たパラサイト X (2007) の2ヶ月後に公開された作品。
  • 主人公の仕事とプライベートのギャップ
  • コントラストの強い映像
  • 郊外の集合住宅
  • 事故のシーンの見せ方は、なかなか個性的
  • 「フィルム・ノワールは美人とミステリーで始まる」フランクの言葉
  • カンボジアを旅行するデンマーク人
  • ヨナスに白紙の小切手を渡すユリアの父親
  • 庶民の生活と金持ちの生活
  • ヨナスがユリアに話すセバスチャンとしての記憶
  • スーパー・マーケットで別れ話
  • 極めて普通:ユリアの父親によるセバスチャン(ヨナス)評

追記

普通の生活と刺激のある生活の対比。カメラマンとして世界を飛び回る夢を抱いていたヨナスは、仕事で死体毎日のように撮影していながらも、自分の生き方を普通の生活と考えているふしがあって何ともへんな男です。セバスチャンになりすましユリアにアジアでの思い出を話して聞かせますが、これは彼が実際に夢見ていたカメラマンとしての生活のようで、彼がこの映画の中でいちばん生き生きしている瞬間です。その後、映画の中程のユリアの担当医ベックマンの話の所から雰囲気が少し変わってきますが、やはり刺激のある生き方にはリスクがついて回るということなんじゃないでしょうか。

ユリアとセバスチャンの関係で腑に落ちないところがあったり、唐突にオルフェウスとエウリュディケーの話が出て来たり、個人的に疑問に思うところもいくつかあります。日本で公開された作品も少なくないアナス・ベアテルセン、レベッカ・ヘムセ、ニコライ・リー・コスが出演しているボールネダルのスリラー作品でも日本で公開されないというのは、やはりその辺がネックなんでしょうか。とりあえずは、ワイルドな役を演じるニコライ・リー・コスあたりは見所ですかね…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報ほか

Ads by Sitemix