ゼロ・トレランス (1999)

Noll tolerans (1999)

オリジナルタイトル:Noll tolerans

English title:Zero Tolerance

日本語タイトル:ゼロ・トレランス

監督:アンデルス・ニルション Anders Nilsson

上映時間:108 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

予告(ドイツ語吹き替え版)

あらすじ

すばらしい能力を持ちながらも仕事場では協調性に欠けている刑事ユーアンは、クリスマスの夜、宝石強盗を偶然目撃して犯人一味を追跡するものの、 通行人に犠牲者を出し、犯人の一人を取り逃がす。目撃者たちの証言によりレオ・ガウトが犯人として浮かび上がるが、目撃者たちは突然証言を翻し、ユーアンは逆にガウトの罠にはめられていく。

ひとくちコメント

  • 刑事もの。アクション。
  • 舞台はスウェーデン第2の都市イェーテボリ。冒頭から街の様子が映し出される。
  • 所々に見られるスウェーデンのインテリア。おしゃれ。
  • 北欧だけに女性の社会進出がかいま見られる。ちなみに警察署長から女性。
  • 意外に間抜けな主人公。失敗の連続。
  • それと同時に悪役のガウトにも間抜けな面が・・・
  • 派手なアクションはそれほど見られないが、人間ドラマの中にアクションが効果的にちりばめられる。
  • 劇中舞台となるアイスホッケーの試合は、スウェーデンのホッケーリーグ1部 Elitserien の Frölunda HC 対 AIK。フットボールだけでなくホッケーでも AIKサポーターが暴れる。
  • その後シリーズ化されたユーアン・ファルク・シリーズの第1弾。
  • 悪役レオ・ガウトを演じたペーター・アンデションは、ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (2009) でも変態悪役ビュルマンを演じる。どこまで行ってもこの顔だと悪役なのか・・・

追記

個人的には意外にお気に入りのこのシリーズ。ベックやヴァランダーのように渋くはありませんが、ユーアンが特殊部隊員のようなスーパーマン振りを見せなが らも、なぜかいつも間抜けなことをしでかす・・・みたいなところが魅力でしょうか。それと同時に、北欧だけでなくヨーロッパの街のなかで繰り広げられる弱 い人間たちのドラマが見られたりして、なかなか面白い小作シリーズです。

その第1弾のこの作品。親子や男女など、人同士の関係が小さなテーマになってるのか、北欧の国で孤独に生きる人達が出てきます。主人公は過去の事件を引き ずって他人を受け入れないし、目撃者のアンデション親子にも夫(父親)の陰は見受けられません。さらにもう一人の目撃者のエドヴィンも孤独に生きる老人で あったりしますが、なぜか家族で楽しく生きている人間を描こうとすると中国人の家族になってしまうという、社会に生きるヨーロッパの現代人としてのイメー ジがあるのかもしれません。
この作品の中では悪の権化のように描かれるレオ・ガウトですが、10年後にユーアンに助けを乞うことになるとは、この時はだれも想像していなかったでしょう。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

   

Reprise (2006)

Reprise (2006)

オリジナルタイトル:Reprise

監督:Joachim Trier

上映時間:105 分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

オフィシャル・サイト:Nouvelle Donne – Joachim Trier – Repeise [Fr]

予告編

あらすじ

オスロに住む親友同士であるフィリップとエリックは、それぞれ小説を書き一緒に出版社へ原稿を送り成功を夢見る。まずはフィリップだけが世に認め られるものの、その後精神を患い、自殺未遂を犯してしまう。一人取り残されていたエリックもこつこつと小説書き続け、今度は逆にエリックが成功をつかむ チャンスを得る。

ひとくちコメント

  • Joachim Trier 監督の初長編作品。現在2作目を製作中とのこと
  • 若者の生き方を綴ったドラマ
  • ノルウェーの中流階級に生きる若者の生き方。仲間、恋、夢、成功、挫折、などなど。
  • ジョイ・ディヴィジョンの曲がストーリーに響く
  • ノルウェーの若者もバンド活動にいそしむ。
  • フィリップの人生を決めるカウントダウン
  • フィリップの恋人であるカリを演じるヴィクトリア・ヴィンゲ嬢は女優業だけでなく、ミュージシャンとしても活躍している。そういわれてみれば、どことなくビョークのような雰囲気も…

追記

2007年にフランスのルーアンで開催された Festival Cinéma Nordique でグランプリを採った作品。その映画祭に行ったものの、なぜかこの映画は見逃していたので、数年待ちこがれていました。ノルウェーの若者を描いた映画としては以前にここにあげたBuddy (2003)がありますが、こちらとは雰囲気が少し違います。Buddy のほうは登場人物が感情表現が直接的なのに対して、この映画の場合は、クロースアップや微妙な光の使い方などによるものと思われますが、それぞれが感情をぐっと心の中で噛み締めているような気がします。
この映画の中でフィリップとエリックが影響を受けた小説家として登場するステン・エギル・ダールは、実在した小説家の Tor Ulven がモデルであるとのこと。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Lapsia ja aikuisia – Kuinka niitä tehdään? (2004)

Lapsia ja aikuisia (2004)

オリジナルタイトル:Lapsia ja aikuisia – Kuinka niitä tehdään?

English Title:Producing Adults

監督:Aleksi Salmenperä

上映時間:102 分

製作国:フィンランド/スウェーデン

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

心理士のヴェンラとスピード・スケート選手のアンテロのカップルは結婚を決め幸福な生活を送るように見えていたが、子供をほしがるヴェンラと、子 供を持つことは選手としての生活に支障をきたすと考えるアンテロの間に微妙な行き違いが生じ始める。ある日、密かにアンテロに避妊薬を自分に盛られていた ことを知ったヴェンラは、資料室に偶然一緒に閉じ込められた職場の同僚であるサトゥに相談するのだが、相談しているうちに、ヴェンラとサトゥはお互いに惹 かれ始めていることに気づく。

ひとくちコメント

  • 複雑な形のロマンスに関するドラマ、、、
  • レズビアン・ロマンス。といっても、別にどぎつい興味本位な表現があるわけではなく、パートナーをほんとに愛しているのか、そのパートナーはほん とに自分を愛しているのか、パートナーとの考え方の違い、といった悩みを持ちながら日々を暮らしていく女性の姿が、落ち着いた映像で描かれる。
  • あの手この手でセックスを拒むアンテロ。
  • カップルが子供を持つことの意味。。。
  • 北欧らしい。夜の寒そうな風景。

追記

通してみるとふつうの恋の悩みに関するドラマといったところでしょうが、ヴェンラとサトゥの職場の上司がちょっとヘンタイぽかったり、夫婦問題のカウンセ リング・コースみたいなところで、潜水服着て海に浮かんだり、、人工の光を柔らかく使った映像など、バツグンとは行かないでしょうが、都会に住む人たちの 恋愛ドラマとしてはなかなかの佳作だったと思います。

DVD情報