Nord (2009)

Nord (2009)

オリジナルタイトル:Nord

English Title:North

監督:Rune Denstad Langlo

上映時間:79 分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

スキー選手だったヨーマルは精神を患い、治療をかねてスキー場の管理を任されていて、スキー場の管理小屋でアルコールとタバコだけで生活するような毎日を送っている。そこにかつてのヨーマルの恋人のリネアを奪ったラッセが訪ねてくる。ラッセによると、リネアには4歳になる息子がいて、その子の父親はヨーマルだという。ラッセはそのことがずっと気になっており、とうとうリネアのもとを逃げて来たというのだ。ラッセに息子に会いにいくように勧められるが、息子のことを聞いたヨーマルはショックを受けふさぎ込んでしまう。そんなある日、ヨーマルは管理小屋で火事を起こしてしまい、それをきっかけに、スノーモービルにアルコールのタンクだけ積み込んで、旅に出ることを決意する。

メモ

  • コメディ/ロードムービー
  • 癒し系。ポスター上のキャッチコピーは「En antidepressiv offroad movie」
  • ドキュメンタリーを撮って来た Rune Denstad Langlo 監督の劇場長編デビュー作
  • アルコールとタバコとナショナル・ジオグラフィック
  • トンネルを恐れるヨーマル
  • 雪盲という言葉を初めて知った
  • 人里離れた一軒家で寂しい生活を送る祖母と孫娘
  • ロッテがヨーマルの好きな音楽を訪ねたときに出た名前は Kaizers Orchestra(ノルウェーのオルタナティブ・ロックのバンド)。その後しつこく質問を繰り出すロッテに対して… 「あんなの聴くのはデンマーク人だけだろ」
YouTube Preview Image
  • やたらと火事に縁のあるヨーマル
  • アルコールをしみ込ませた生理用品を頭頂部に貼付けたウルリクとヨーマル
  • スノーモービルを自分の足に鎖でつないだサーミの老人
  • 自然を知り尽くしたサーミ人。自然へ帰る。
  • ヨーマルのいたスキー場の場所はよくわからないが、旅立ってすぐの標識に「ナルヴィク 890 km」とあることから、トロンハイムのあたりだと思われる。
  • そして、ヨーマルの向かったタモクなんたらという場所もよく聞き取れなかったが、似たような名前の場所をトロムソの南のあたりに発見(グーグルマップ参照

コメント

北国好きの私にとって、ストーリーを通して一面雪景色のこういう映画はたまりません。 コメディタッチのロードムービーということで、例に漏れず登場する人物は奇妙な人間ばかり。しかしヨーロッパの北の果ての国で、さらに北を目指すロードムービーなんてのも珍しいんじゃないでしょうか。スクリーンに映し出されるのは降り積もった雪の他には何もないようなノルウェーの田舎ですが、オスロなどの都会に住むノルウェー人にとってのカントリー・サイドのイメージというものがこの映画に隠されているのかもしれません。

ヨーマルを演じた Anders Baasmo Christiansen は、出世作 Buddy (2003) でもオスロのある地区から出られないヒキコモリのような人物を演じていました。Buddy での彼はとうとうその地区から出ることはありませんでしたが、この作品の中のヨーマルは苦手なトンネルを意を決してスノーモービルで駆け抜けます。彼がスノーモービルで火花を散らしながらトンネルを抜けたとき、病気は既に完治したともとらえられ、その後ヨーマルが出会う人々の方が問題を抱えていて、逆にヨーマルに癒されていたのだと思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Mørke (2005)

Mørke (2005)

オリジナルタイトル:Mørke

English title:Murk

監督:Jannik Johansen

上映時間:124 分

製作国:デンマーク | イギリス

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

コペンハーゲンでニナとともに暮らすジャーナリストのヤコブは、事故で障害者となってしまった姉のユリアが以前に自殺未遂をしたことで、未だに自 責の念に駆られている。そんなとき、ユリアが突然婚約者のアンカーを紹介する。何か引っかかるものがありながらも、障害を持つ姉が幸せになれるのだと、ヤコブはその結婚を祝福したが、結婚式の夜ユリアは自殺してしまう。葬式を済ませたあと、姉の死に疑問を持つヤコブは連絡の取れなくなったアンカーを探す。 ようやく彼を見つけ出してみると、早くも別の女性と婚約していて、その婚約者がまたもや障害者であることを知ってしまう。

ひとくちコメント

  • スリラー/ミステリー
  • 今やデンマークの人気俳優となってしまったニコライ・リー・コース主演。しあわせな孤独 (2002) の中で事故により下半身不随になる男を演じた彼が、今度は事故で障害者になったお姉さんを気遣う役を演じる。
  • 都会の暮らしと田舎の暮らし
  • 出会い系で知り合う人達
  • デンマークの結婚パーティ。というか、ヨーロッパではどこも似たようなものか。。。
  • 冷たく重苦しい雰囲気が続く。
  • 似た者同士だと勝手に思い込まれることの恐ろしさ。
  • Mørke とは「暗闇」という意味だが、映画の中にあるようにこれは舞台となる田舎町の名前でもあり、この町はデンマークに実在する。オーフスから北東に20kmほどの距離に位置する。(グーグルマップ参照

追記

以前に別のところでも書いたのですが、《何かを言わない》《言葉が足りない》ことで事件が起こっていきます。まあ《言わない》のか《言えない》のかはよく わかりませんが、自分の考えをはっきりと主張することが重要だと思われる欧米の文化の中では、このようなことが物語として成立しやすいのかもしれません。 そんななかで仕事の上でのヤコブの原稿がなかなか進まないことが象徴的でした。
また、言葉を発するだけではなくて、遺書、スピーチの原稿やSMSなど文字上の言葉も多数登場します。結婚する者たちが文字上(チャット)で知り合うとい うこともあったりして、音として発される言葉と書かれた文字としての言葉の違いなんて言うものについても考えさせられました。

DVD情報

 

Reprise (2006)

Reprise (2006)

オリジナルタイトル:Reprise

監督:Joachim Trier

上映時間:105 分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

オフィシャル・サイト:Nouvelle Donne – Joachim Trier – Repeise [Fr]

予告編

あらすじ

オスロに住む親友同士であるフィリップとエリックは、それぞれ小説を書き一緒に出版社へ原稿を送り成功を夢見る。まずはフィリップだけが世に認め られるものの、その後精神を患い、自殺未遂を犯してしまう。一人取り残されていたエリックもこつこつと小説書き続け、今度は逆にエリックが成功をつかむ チャンスを得る。

ひとくちコメント

  • Joachim Trier 監督の初長編作品。現在2作目を製作中とのこと
  • 若者の生き方を綴ったドラマ
  • ノルウェーの中流階級に生きる若者の生き方。仲間、恋、夢、成功、挫折、などなど。
  • ジョイ・ディヴィジョンの曲がストーリーに響く
  • ノルウェーの若者もバンド活動にいそしむ。
  • フィリップの人生を決めるカウントダウン
  • フィリップの恋人であるカリを演じるヴィクトリア・ヴィンゲ嬢は女優業だけでなく、ミュージシャンとしても活躍している。そういわれてみれば、どことなくビョークのような雰囲気も…

追記

2007年にフランスのルーアンで開催された Festival Cinéma Nordique でグランプリを採った作品。その映画祭に行ったものの、なぜかこの映画は見逃していたので、数年待ちこがれていました。ノルウェーの若者を描いた映画としては以前にここにあげたBuddy (2003)がありますが、こちらとは雰囲気が少し違います。Buddy のほうは登場人物が感情表現が直接的なのに対して、この映画の場合は、クロースアップや微妙な光の使い方などによるものと思われますが、それぞれが感情をぐっと心の中で噛み締めているような気がします。
この映画の中でフィリップとエリックが影響を受けた小説家として登場するステン・エギル・ダールは、実在した小説家の Tor Ulven がモデルであるとのこと。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix