Bjarnfreðarson (2009)

Bjarnfreðarson (2009)

オリジナルタイトル:Bjarnfreðarson

English Title:Mr. Bjarnfreðarson

監督:Ragnar Bragason

上映時間:105分

製作国:アイスランド

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人の罪による禁固10年の判決で服役していたゲオルグ・ビャーンフレダルションは、模範囚ということで半分の5年で出所することになる。ひさびさに生まれ育った家に戻ったゲオルグだったが、アイスランドでも有名なフェミニスト思想家の母親は受け入れてくれない。住むところのないゲオルグは、かつてガソリンスタンドやホテルで働いていたときの同僚で、表向きは医者になるために大学に通っていることになっているダニエルの家に転がり込む。そこにはダニエルとともにいっしょに服役した同じ職場の同僚オラフルも居候していた。

メモ

  • コメディ
  • 出所したくないゲオルグ。以前の囚人の暴動を主導したと主張する
  • レーニン風の風貌にゲバラの帽子
  • ママと呼ばせないゲオルグ少年の母親
  • アイスランドでも犯罪歴のあるものは職に就くのが難しいようだ
  • ダニエルが図書館でゲオルグの子供の頃に関する新聞記事を発見。まったく関係ないが、その記事の横に日本人によるシシャモ売買の記事が…
  • 共産主義者の祖父と社会主義者の母
  • サンタクロースはアメリカ消費社会のシンボル。クリスマスを祝うのは家族のためであって資本家のためではない。
  • オロフ・パルメ(暗殺された元スウェーデン首相)が父親だと信じ込むゲオルグ少年

コメント

Næturvaktin (2007)

アイスランドで大人気のTVシリーズ3部作 Næturvaktin (2007)Dagvaktin (2008)Fangavaktin (2009) の結末的物語を描いた作品。アイスランドでの公開週の週末にはアバター (2009) 以上の動員を記録したとのこと。これらのTVシリーズを見ていなくてもそれなりに笑えるコメディですが、やっぱり見ていなければわからない部分もあるんだろうなとも思います(オラフルがFMラジオ放送で話しているのは、TVシリーズ内で描かれたゲオルグの話がらしい)。もとは3人のキャラクターを描くTVシリーズを2時間弱の映画におさめる際に、3人すべてのキャラクター説明に時間を割くことも難しいとも思われ、主人公を1人に絞ることになるのは必然かもしれません。他の2人も個性の強いキャラクターなので「?」となる部分が多少あるのは仕方がないことなのかもしれません。

Næturvaktin
YouTube Preview Image

Dagvaktin
YouTube Preview Image

Fangavaktin
YouTube Preview Image

この作品ではその3人のうちの1人、ゲオルグ・ビャーンフレダルションのエキセントリックな共産主義思想がどのように出来上がったのかについて、彼の子供時代の回想を交えながら描かれます。ゲオルグの母親と祖父はともに極端な思想の持ち主で自分たちの思想をゲオルグに押し付けるわけですが、その母親と祖父の間にも思想の違いが見られます。祖父がスターリニズム的傾向が見られるマルクス・レーニン主義なのに対して、母親のビャーンフレドゥルはフェミニズム活動家としての社会主義思想の傾向が見られ、スウェーデンに関する見解などで対立していたりします。これは祖父と母との育った時代の違いによるものかもしれませんが、基本的には祖父から母へ受け継がれた反資本主義思想がもとにあり、それがゲオルグにも引き継がれています。母親とゲオルグの関係を見てみると、祖父から母への思想の受け継ぎも恐らく強制されたものであり、このような親からの強制された人生というものが代々医者であったダニエルの家族の物語に重ねられていき、全体的にはその強制から逃れようとする人達の物語になっているようです。

改めて見てみると、世界恐慌以降、社会民主主義(大きな政府)勢力の強い他の北欧の国に比べて、アイスランドでは自由主義(小さな政府)勢力の方が優勢だった期間が長いようで、イデオロギー的側面の映画内での現れ方が他の北欧諸国と違うアイスランドに特有なものがあったりするのかもしれません。また、オロフ・パルメを自分の父親だと信じ込んだゲオルグ少年が自分の名字を変え、しみじみと「ゲオルグ・オロフション」とつぶやくところなどはかなりアイスランド的な場面だと思われます。

なお、元になったTVシリーズがアメリカでリメイクの準備が進められているようですが、キャラクターの設定が大きく変わってしまうとのこと。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Fatso (2008)

Fatso (2008)

オリジナルタイトル:Fatso

監督:Arild Fröhlich

製作国:ノルウェー

上映時間:90分

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

デブっちょのリノは気になる女の子とろくに話すこともできず、スーパーで買い込んだ果物などを使って *** に励む毎日。唯一の親友であるフィリップとは、ビールを飲みながらバカ話をするしかない。女の子の姿を夢に追いながら、その気持ちを自ら描くマンガにぶつけながら悶々とした日々を送っていた。ある日リノの父親が、勝手にリノのアパートの開いている部屋を他人に貸したことを告げにくる。人には言えないような生活を送っているリノは、よけいな面倒がころがりこんだと落ち込むしかなかったが、そこに現れたのは若くて行動的なスウェーデン人の女の子のマリンだった。

ひとくちコメント

  • コメディ。おバカ映画。
  • ザ・クロス エクソシストの闇 (2009) にも出演しているヨセフィン・ユングマンが、マリンを演じる。アーン 鋼の騎士団 (2007) にも出ていたらしいのだが。。。さてどこだろ…
  • これまた勉強が足りないが、ノルウェー語とスウェーデン語の違いによる笑いがあるものと思われる。
  • ところどころ、リノが描いたマンガのアニメーションがはさまれる。内容はかなり下品。
  • 「男女が同じ家に長く住んでいると、、、そういう関係になる(フィリップ理論)」にわずかな期待をかけるリノ
  • 冷蔵庫で下着を冷やすマリン。チーズの匂いが染み付いたとその下着を臭わされるリノ。
  • リノのことはお構いなしに、アパートに男を連れ込むマリン
  • フレッシュライトをプレゼントするフィリップ
  • Fittmus!(綴りは自信なし) リノがマリンに浴びせかける罵倒語。意味がよく分からず。
  • パーティで居場所のないリノ
  • リノの父親を演じたのは、リノを演じた Nils Jørgen Kaalstad の実の父親らしい。
  • ラストシーンからエンディングクレジットのバックのショットはなかなか衝撃的

追記

恋愛経験のないオタクな男がかわいい女の子と行動するとどうなるか、、電車男 (2005) などと同じ系統のコメディだと思います。ただこちらの方はもっと直接的で、マリンと知り合う前からリノは女の子とのセックスを夢見て来ており、そこに西欧に典型的(ステレオタイプかもしれませんが…)な開放的な男女が絡んで来て、よりカオスなストーリー展開になっているんじゃないでしょうか。基本的には、ある世界に生きる人間と別の世界に生きる人達との摩擦が生み出す事件をストーリーにしたものなんでしょう。日本ではあまり馴染みのないもので、フラットシェアとかパーティとか西欧にはよく見られますが、リノのような人物がそんな世界で生きていくのはたいへんだと思います。

リノといっしょに住むことになるマリンですが、女性経験のないリノに対して扇情的な行動をとり、無邪気と言われればそれまでですが、リノでなくてもいらぬ妄想を抱いてしまうことでしょう。リノの方にもかなりの変態志向があり、人物設定が極端に思えるところがありますが、その辺からコメディが生まれてくるのかもしれません。ただやっぱりこれは、リノの世界に生きる人ではなく、普通の世界に生きている(と言われる)人間から見た、女性経験のない男性の世界を描いた映画なのだと思います。

DVD情報

Ads by Sitemix