Blóðbönd (2006)

Blóðbönd (2006)

オリジナルタイトル:Blóðbönd

English Title:Thicker Than Water

監督:Árni Ásgeirsson

上映時間:90分

製作国:アイスランド | デンマーク | ドイツ

日本劇場未公開

予告編

http://www.dailymotion.com/video/xf4rw0

あらすじ

間もなく第2子が誕生する予定のペーテルとアスタの夫婦は、息子のオルンとともに幸せに暮らしていた。ある日、オルンがフットボールの練習中に突然倒れて病因に運び込まれる。原因は単なる貧血だったのだが、血液検査の結果を聞いたペーテルは愕然とする。オルンの血液型が、O型のペーテルとアスタの間に生まれるはずのないA型だったのだ。その時からペーテルの中にアスタに対する疑いが湧き始め、彼は家族と離れてホテルで暮らしていくことを選ぶ。

ひとくちコメント

  • Árni Ásgeirsson 監督の長編デビュー作
  • 幸せだった家族関係が崩れていく
  • アイスランド人もパーティ三昧?
  • 空港のカウンターでチケットの変更を断られ、対応する職員に怒りまくるアスタ。ヨーロッパの空港で何度も見た光景。
  • ホテルのエレベーターは日本人でいっぱい
  • チェルシー×マンチェスターUの結果について話すペーテルの妹の婚約者ボルクル。グジョンセンが得点したと喜ぶ。アイスランド人も自国の選手の活躍が気になるようだ。
  • ペーテルの秘書のアンナ。職場とプライベートの雰囲気がまるで違う。
  • あてもなくバスに乗って街を回るオルンと友達のインガ
  • 洗濯機の水漏れ。よくありそうな話。
  • 「人はなぜ結婚なんかするのだろうか」ボルクルのつぶやき

追記

内容だけ考えてみるとドロドロな話なんですが、映像は乾いた感じで音楽も少なく、映画は静かに進んでいきます。ペーテルは取り乱すでもなく頭の中でぐるぐると考えを巡らせて、まわりの人間を巻き込んでいきます。年少のオルンを含めて登場する男性たちはみな精神的に弱そうで、いつも女性に頭が上がらない感じです。ペーテルは妻のアスタにつきはなされると秘書のアンナのところへ駆け込み、アンナのところにいられなくなるとアスタの家へ向かうし、ボルクルは婚約者であるリリアの言うなり。ペーテルの息子のオルンは、女友達のインガについてバスに乗って街を回ります。こんな感じで、男の弱さがやたらと目につく1本でした。

この映画で問題となる血液型ですが、ヨーロッパでは興味を持っている人が少なく、私は自分の血液型を知っているヨーロッパ人をまだ見たことがありません。そういうものだからこそ、血液型に関する物語が生まれ易いということもあるのかもしれません。ちなみにO型の両親からA型の子供が生まれることはあるようなので、ペーテル一家のような問題に会わないように、下に参考のブログを上げておきます。

関連記事、サイト、ブログ等

Mørke (2005)

Mørke (2005)

オリジナルタイトル:Mørke

English title:Murk

監督:Jannik Johansen

上映時間:124 分

製作国:デンマーク | イギリス

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

コペンハーゲンでニナとともに暮らすジャーナリストのヤコブは、事故で障害者となってしまった姉のユリアが以前に自殺未遂をしたことで、未だに自 責の念に駆られている。そんなとき、ユリアが突然婚約者のアンカーを紹介する。何か引っかかるものがありながらも、障害を持つ姉が幸せになれるのだと、ヤコブはその結婚を祝福したが、結婚式の夜ユリアは自殺してしまう。葬式を済ませたあと、姉の死に疑問を持つヤコブは連絡の取れなくなったアンカーを探す。 ようやく彼を見つけ出してみると、早くも別の女性と婚約していて、その婚約者がまたもや障害者であることを知ってしまう。

ひとくちコメント

  • スリラー/ミステリー
  • 今やデンマークの人気俳優となってしまったニコライ・リー・コース主演。しあわせな孤独 (2002) の中で事故により下半身不随になる男を演じた彼が、今度は事故で障害者になったお姉さんを気遣う役を演じる。
  • 都会の暮らしと田舎の暮らし
  • 出会い系で知り合う人達
  • デンマークの結婚パーティ。というか、ヨーロッパではどこも似たようなものか。。。
  • 冷たく重苦しい雰囲気が続く。
  • 似た者同士だと勝手に思い込まれることの恐ろしさ。
  • Mørke とは「暗闇」という意味だが、映画の中にあるようにこれは舞台となる田舎町の名前でもあり、この町はデンマークに実在する。オーフスから北東に20kmほどの距離に位置する。(グーグルマップ参照

追記

以前に別のところでも書いたのですが、《何かを言わない》《言葉が足りない》ことで事件が起こっていきます。まあ《言わない》のか《言えない》のかはよく わかりませんが、自分の考えをはっきりと主張することが重要だと思われる欧米の文化の中では、このようなことが物語として成立しやすいのかもしれません。 そんななかで仕事の上でのヤコブの原稿がなかなか進まないことが象徴的でした。
また、言葉を発するだけではなくて、遺書、スピーチの原稿やSMSなど文字上の言葉も多数登場します。結婚する者たちが文字上(チャット)で知り合うとい うこともあったりして、音として発される言葉と書かれた文字としての言葉の違いなんて言うものについても考えさせられました。

DVD情報

 

Ads by Sitemix