Den som frykter ulven (2004)

Den som frykter ulven (2004)

オリジナルタイトル:Den som frykter ulven

English Title:Cry in the Woods

監督:Erich Hörtnagl

上映時間:106分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

森で遊び回ることが多い孤独な少年カニクが、森の中の一軒家に住む老女が殺されていると知らせにくる。警察がその一軒家に駆けつけると、老女は顔面を鍬で割られた無惨な姿で発見され、カニクはそこで一人の男を見たと証言する。同じ頃、その日で仕事を辞めて帰国する予定であるデンマーク人の警官カーステンは偶然に銀行強盗に出くわすが、人質を取った犯人に逃げられてしまう。実はその人質とはカニクが見た男と同一人物で、彼は子供の頃から収容されている精神病院から脱走してきたエルキと言う名の男だと判明する。

メモ

  • ミステリー
  • ノルウェー・ミステリーの女王とも呼ばれるカリン・フォッスム Karin Fossum の小説 Den som frykter ulven ([en] He Who Fears the Wolf) の映画化。この映画ではフォッスム自身が脚本も共同で担当。
  • ノルウェーの田舎町にデンマーク人の警官
  • ノルウェーの国旗にホワイト塗ってデンマーク国旗の出来上がり
  • 強盗犯を目撃したカーステンによる犯人の印象:ほお骨が張って目が細い。おそらくサーミ人
  • アーチェリーが趣味の少年カニク
  • 黒髪でロン毛のアルキ。ちょっとサイキック系。
  • 森の中を逃げ回る強盗犯のモルガンと人質となったエルキ
  • 「そんなノルウェー人みたいなことはやめろ」自説に自信がなく躊躇するアギーに対するカーステンの言葉
  • 町の名前は登場しないが、劇中カーステンが地図上で指し示す場所は Årnes(グーグルマップ参照)。ただしロケ地は別の場所のもよう。

コメント

今あらためて見てみると、ノルウェー映画界の若手オールスターキャストとも言っていいぐらいの出演者たち。そこに当時TVシリーズ Rejseholdet (2000–2004) で活躍中だったデンマーク人俳優の Lars Bom が主役で登場し、その上、その後の活躍著しいカメラマンの John Andreas Andersen が撮影を担当していたり、今やノルウェーを代表する監督になってしまったエリック・ポッペ Erik Poppe によるタイトルロールだったり、B級ミステリーっぽい映画にしてはずいぶん豪華な顔ぶれです。

原作を読んだことがないので詳しくはわかりませんが、ネット上の書評などを見ると原作と映画では主人公の設定が変わっているようです。この映画の中の主人公カーステンはノルウェーの田舎町の警察署で働くデンマーク人警官で、この町の人間にとってはよそ者のような感じです。送別会のケーキに飾るデンマーク国旗をノルウェー国旗に修正を加えたもので代用されたり、老女の死体の第一発見者となる少年カニクにノルウェー語の話し方が変だと言われたり、ことあるごとにデンマーク人であることが強調されます。他のだれもが制服を着ている仕事場の警察署では彼だけがラフな私服スタイルで、捜査に対する見解が他の警官仲間たちと違った時などの孤独感をいっそう強いものにします。ただ、一般的なノルウェー人のデンマーク人観については知りませんが、自由で明晰な判断力を持つカーステンに比べ、制服姿のノルウェー人警官たちがあまりにも融通の利かない怠け者のように描かれているので、彼らはデンマーク人に憧れを持っているんじゃないだろうかという妄想まで湧いてきます。

妻が連れて逃げたカーステンの息子アルヴィクと父親が帰ってこない目撃者の少年カニクの状況や、最初は反目していながらも徐々に友情が芽生えてくるという強盗犯モルガンとエルキの関係をカーステンとエルキの担当精神科医サラとの関係に重ねたりしながら物語が重層的に描かれているので、シンプルなストーリーにもかかわらず退屈せずにラストまで一気に観れたんですが、幻覚を見るほど逃げた妻に連れて行かれた息子のことが気になって仕事まで辞めて帰国してしまおうとしていたカーステンなのに、彼女ができたとたん簡単にノルウェーに残ることを決めてしまうとは、息子のアルヴィンやカニク少年がいまいち報われないような気がしてなりません。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

原作情報

Nord (2009)

Nord (2009)

オリジナルタイトル:Nord

English Title:North

監督:Rune Denstad Langlo

上映時間:79 分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

スキー選手だったヨーマルは精神を患い、治療をかねてスキー場の管理を任されていて、スキー場の管理小屋でアルコールとタバコだけで生活するような毎日を送っている。そこにかつてのヨーマルの恋人のリネアを奪ったラッセが訪ねてくる。ラッセによると、リネアには4歳になる息子がいて、その子の父親はヨーマルだという。ラッセはそのことがずっと気になっており、とうとうリネアのもとを逃げて来たというのだ。ラッセに息子に会いにいくように勧められるが、息子のことを聞いたヨーマルはショックを受けふさぎ込んでしまう。そんなある日、ヨーマルは管理小屋で火事を起こしてしまい、それをきっかけに、スノーモービルにアルコールのタンクだけ積み込んで、旅に出ることを決意する。

メモ

  • コメディ/ロードムービー
  • 癒し系。ポスター上のキャッチコピーは「En antidepressiv offroad movie」
  • ドキュメンタリーを撮って来た Rune Denstad Langlo 監督の劇場長編デビュー作
  • アルコールとタバコとナショナル・ジオグラフィック
  • トンネルを恐れるヨーマル
  • 雪盲という言葉を初めて知った
  • 人里離れた一軒家で寂しい生活を送る祖母と孫娘
  • ロッテがヨーマルの好きな音楽を訪ねたときに出た名前は Kaizers Orchestra(ノルウェーのオルタナティブ・ロックのバンド)。その後しつこく質問を繰り出すロッテに対して… 「あんなの聴くのはデンマーク人だけだろ」
YouTube Preview Image
  • やたらと火事に縁のあるヨーマル
  • アルコールをしみ込ませた生理用品を頭頂部に貼付けたウルリクとヨーマル
  • スノーモービルを自分の足に鎖でつないだサーミの老人
  • 自然を知り尽くしたサーミ人。自然へ帰る。
  • ヨーマルのいたスキー場の場所はよくわからないが、旅立ってすぐの標識に「ナルヴィク 890 km」とあることから、トロンハイムのあたりだと思われる。
  • そして、ヨーマルの向かったタモクなんたらという場所もよく聞き取れなかったが、似たような名前の場所をトロムソの南のあたりに発見(グーグルマップ参照

コメント

北国好きの私にとって、ストーリーを通して一面雪景色のこういう映画はたまりません。 コメディタッチのロードムービーということで、例に漏れず登場する人物は奇妙な人間ばかり。しかしヨーロッパの北の果ての国で、さらに北を目指すロードムービーなんてのも珍しいんじゃないでしょうか。スクリーンに映し出されるのは降り積もった雪の他には何もないようなノルウェーの田舎ですが、オスロなどの都会に住むノルウェー人にとってのカントリー・サイドのイメージというものがこの映画に隠されているのかもしれません。

ヨーマルを演じた Anders Baasmo Christiansen は、出世作 Buddy (2003) でもオスロのある地区から出られないヒキコモリのような人物を演じていました。Buddy での彼はとうとうその地区から出ることはありませんでしたが、この作品の中のヨーマルは苦手なトンネルを意を決してスノーモービルで駆け抜けます。彼がスノーモービルで火花を散らしながらトンネルを抜けたとき、病気は既に完治したともとらえられ、その後ヨーマルが出会う人々の方が問題を抱えていて、逆にヨーマルに癒されていたのだと思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報