Zero. Alyvine Lietuva (2006)

Zero. Alyvine Lietuva (2006)

オリジナルタイトル:Zero. Alyvine Lietuva

English Title:Zero. Lilac Lithuania

監督:Emilis Vėlyvis

上映時間:82分

製作国:リトアニア

日本劇場未公開

オープニング

YouTube Preview Image

あらすじ

妻に会うために逃げてきた脱走兵。女に売春婦を装って男を誘わせ、引っかかった男から金を奪うジャンキー集団。マフィアからの借金がかさみ、いよいよ自分の身が危なくなってきた悪徳葬儀屋。彼らの行動がどこかで絡み合っていく。

メモ

  • クライムコメディ
  • ドイツ人のケツは骨付き肉。リトアニア人のケツは?
  • ルーレットで1,000 LTL(≒ 289.62 EUR)を赤に賭ける葬儀屋(1 EUR = 3.4528 LTL)
  • 「Kalvarijų マーケット(Kalvarijų turgus)ではもっといいものが手に入る」ヴォフカがカーオーディオを売りつけようとしたときに言われる言葉。Kalvarijų マーケットはヴィリニュスの蚤の市で、様々なリトアニアのものを買えるところとして旅行者にも有名らしい。(グーグルマップ参照
  • 「KING OF PORNO」と胸に書かれたTシャツを奪う脱走兵

コメント

パルプフィクション (1994) と同じタイプのクライムコメディで、登場人物たちの行動がいろんなところでつながっていきます。映画内の時間をずらしてストーリーをつなげていく手法はキューブリックの現金に体を張れ (1956) 以来たまに見かけますが、「こういうことだったのか!」という感覚を味あわせるための伏線のはり方と、全体のテンポが重要だと個人的には考えてます。その点ではこの作品は十分に楽しめる作品でしたが、パルプフィクション同様、チンピラ的な登場人物が多いストーリーではスラングだらけだったりして、馴染みのないリトアニア人のジョークなんかも私みたいなバリバリの日本人にはちょっと難しかったです。とりあえず、逝きまくってる登場人物たちのトラブル続きで抜け道のない人生については結構笑えました。

関連記事、サイト、ブログ等

Kærlighed på film (2007)

Kærlighed på film (2007)

オリジナルタイトル:Kærlighed på film

English Title:Just Another Love Story

監督:オーレ・ボールネダル Ole Bornedal

上映時間:100 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人事件の死体撮影を仕事とするカメラマンのヨナスは、特殊なのはその仕事だけで、妻と二人の子供を持つ一般的な夫であり父でもある。彼は郊外に新しいアパートを手に入れて平凡な生活を送っていたのだが、ある朝、一家を乗せた車が路上でえんこし、ヨナスの車をよけようとした一台が大事故を引き起こす。その車を運転していた女性ユリアは重傷を負い、担ぎ込まれた病院で意識不明となる。事故直後のミステリアスなユリアの顔が頭から離れないヨナスは、恋人だと偽りユリアの病室へ様子をうかがいにいこうとするが、病院に居合わせたユリアの家族に、ユリアの実の恋人らしきセバスチャンなる人物と間違われてしまう。じきに意識を取り戻したユリアだったが、視力を失い、セバスチャンの記憶も失っていたユリアの家族の強引な依頼もあり、ヨナスはセバスチャンになりすましたままユリアの世話をしていくことになる。

ひとくちコメント

  • サスペンス・スリラー
  • I Am Dina (2002) のあと5年を経て、オーレ・ボールネダル監督作品として久々に世に出たパラサイト X (2007) の2ヶ月後に公開された作品。
  • 主人公の仕事とプライベートのギャップ
  • コントラストの強い映像
  • 郊外の集合住宅
  • 事故のシーンの見せ方は、なかなか個性的
  • 「フィルム・ノワールは美人とミステリーで始まる」フランクの言葉
  • カンボジアを旅行するデンマーク人
  • ヨナスに白紙の小切手を渡すユリアの父親
  • 庶民の生活と金持ちの生活
  • ヨナスがユリアに話すセバスチャンとしての記憶
  • スーパー・マーケットで別れ話
  • 極めて普通:ユリアの父親によるセバスチャン(ヨナス)評

追記

普通の生活と刺激のある生活の対比。カメラマンとして世界を飛び回る夢を抱いていたヨナスは、仕事で死体毎日のように撮影していながらも、自分の生き方を普通の生活と考えているふしがあって何ともへんな男です。セバスチャンになりすましユリアにアジアでの思い出を話して聞かせますが、これは彼が実際に夢見ていたカメラマンとしての生活のようで、彼がこの映画の中でいちばん生き生きしている瞬間です。その後、映画の中程のユリアの担当医ベックマンの話の所から雰囲気が少し変わってきますが、やはり刺激のある生き方にはリスクがついて回るということなんじゃないでしょうか。

ユリアとセバスチャンの関係で腑に落ちないところがあったり、唐突にオルフェウスとエウリュディケーの話が出て来たり、個人的に疑問に思うところもいくつかあります。日本で公開された作品も少なくないアナス・ベアテルセン、レベッカ・ヘムセ、ニコライ・リー・コスが出演しているボールネダルのスリラー作品でも日本で公開されないというのは、やはりその辺がネックなんでしょうか。とりあえずは、ワイルドな役を演じるニコライ・リー・コスあたりは見所ですかね…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報ほか

ゼロ・トレランス (1999)

Noll tolerans (1999)

オリジナルタイトル:Noll tolerans

English title:Zero Tolerance

日本語タイトル:ゼロ・トレランス

監督:アンデルス・ニルション Anders Nilsson

上映時間:108 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

予告(ドイツ語吹き替え版)

あらすじ

すばらしい能力を持ちながらも仕事場では協調性に欠けている刑事ユーアンは、クリスマスの夜、宝石強盗を偶然目撃して犯人一味を追跡するものの、 通行人に犠牲者を出し、犯人の一人を取り逃がす。目撃者たちの証言によりレオ・ガウトが犯人として浮かび上がるが、目撃者たちは突然証言を翻し、ユーアンは逆にガウトの罠にはめられていく。

ひとくちコメント

  • 刑事もの。アクション。
  • 舞台はスウェーデン第2の都市イェーテボリ。冒頭から街の様子が映し出される。
  • 所々に見られるスウェーデンのインテリア。おしゃれ。
  • 北欧だけに女性の社会進出がかいま見られる。ちなみに警察署長から女性。
  • 意外に間抜けな主人公。失敗の連続。
  • それと同時に悪役のガウトにも間抜けな面が・・・
  • 派手なアクションはそれほど見られないが、人間ドラマの中にアクションが効果的にちりばめられる。
  • 劇中舞台となるアイスホッケーの試合は、スウェーデンのホッケーリーグ1部 Elitserien の Frölunda HC 対 AIK。フットボールだけでなくホッケーでも AIKサポーターが暴れる。
  • その後シリーズ化されたユーアン・ファルク・シリーズの第1弾。
  • 悪役レオ・ガウトを演じたペーター・アンデションは、ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (2009) でも変態悪役ビュルマンを演じる。どこまで行ってもこの顔だと悪役なのか・・・

追記

個人的には意外にお気に入りのこのシリーズ。ベックやヴァランダーのように渋くはありませんが、ユーアンが特殊部隊員のようなスーパーマン振りを見せなが らも、なぜかいつも間抜けなことをしでかす・・・みたいなところが魅力でしょうか。それと同時に、北欧だけでなくヨーロッパの街のなかで繰り広げられる弱 い人間たちのドラマが見られたりして、なかなか面白い小作シリーズです。

その第1弾のこの作品。親子や男女など、人同士の関係が小さなテーマになってるのか、北欧の国で孤独に生きる人達が出てきます。主人公は過去の事件を引き ずって他人を受け入れないし、目撃者のアンデション親子にも夫(父親)の陰は見受けられません。さらにもう一人の目撃者のエドヴィンも孤独に生きる老人で あったりしますが、なぜか家族で楽しく生きている人間を描こうとすると中国人の家族になってしまうという、社会に生きるヨーロッパの現代人としてのイメー ジがあるのかもしれません。
この作品の中では悪の権化のように描かれるレオ・ガウトですが、10年後にユーアンに助けを乞うことになるとは、この時はだれも想像していなかったでしょう。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

   

Ads by Sitemix