Den som frykter ulven (2004)

Den som frykter ulven (2004)

オリジナルタイトル:Den som frykter ulven

English Title:Cry in the Woods

監督:Erich Hörtnagl

上映時間:106分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

森で遊び回ることが多い孤独な少年カニクが、森の中の一軒家に住む老女が殺されていると知らせにくる。警察がその一軒家に駆けつけると、老女は顔面を鍬で割られた無惨な姿で発見され、カニクはそこで一人の男を見たと証言する。同じ頃、その日で仕事を辞めて帰国する予定であるデンマーク人の警官カーステンは偶然に銀行強盗に出くわすが、人質を取った犯人に逃げられてしまう。実はその人質とはカニクが見た男と同一人物で、彼は子供の頃から収容されている精神病院から脱走してきたエルキと言う名の男だと判明する。

メモ

  • ミステリー
  • ノルウェー・ミステリーの女王とも呼ばれるカリン・フォッスム Karin Fossum の小説 Den som frykter ulven ([en] He Who Fears the Wolf) の映画化。この映画ではフォッスム自身が脚本も共同で担当。
  • ノルウェーの田舎町にデンマーク人の警官
  • ノルウェーの国旗にホワイト塗ってデンマーク国旗の出来上がり
  • 強盗犯を目撃したカーステンによる犯人の印象:ほお骨が張って目が細い。おそらくサーミ人
  • アーチェリーが趣味の少年カニク
  • 黒髪でロン毛のアルキ。ちょっとサイキック系。
  • 森の中を逃げ回る強盗犯のモルガンと人質となったエルキ
  • 「そんなノルウェー人みたいなことはやめろ」自説に自信がなく躊躇するアギーに対するカーステンの言葉
  • 町の名前は登場しないが、劇中カーステンが地図上で指し示す場所は Årnes(グーグルマップ参照)。ただしロケ地は別の場所のもよう。

コメント

今あらためて見てみると、ノルウェー映画界の若手オールスターキャストとも言っていいぐらいの出演者たち。そこに当時TVシリーズ Rejseholdet (2000–2004) で活躍中だったデンマーク人俳優の Lars Bom が主役で登場し、その上、その後の活躍著しいカメラマンの John Andreas Andersen が撮影を担当していたり、今やノルウェーを代表する監督になってしまったエリック・ポッペ Erik Poppe によるタイトルロールだったり、B級ミステリーっぽい映画にしてはずいぶん豪華な顔ぶれです。

原作を読んだことがないので詳しくはわかりませんが、ネット上の書評などを見ると原作と映画では主人公の設定が変わっているようです。この映画の中の主人公カーステンはノルウェーの田舎町の警察署で働くデンマーク人警官で、この町の人間にとってはよそ者のような感じです。送別会のケーキに飾るデンマーク国旗をノルウェー国旗に修正を加えたもので代用されたり、老女の死体の第一発見者となる少年カニクにノルウェー語の話し方が変だと言われたり、ことあるごとにデンマーク人であることが強調されます。他のだれもが制服を着ている仕事場の警察署では彼だけがラフな私服スタイルで、捜査に対する見解が他の警官仲間たちと違った時などの孤独感をいっそう強いものにします。ただ、一般的なノルウェー人のデンマーク人観については知りませんが、自由で明晰な判断力を持つカーステンに比べ、制服姿のノルウェー人警官たちがあまりにも融通の利かない怠け者のように描かれているので、彼らはデンマーク人に憧れを持っているんじゃないだろうかという妄想まで湧いてきます。

妻が連れて逃げたカーステンの息子アルヴィクと父親が帰ってこない目撃者の少年カニクの状況や、最初は反目していながらも徐々に友情が芽生えてくるという強盗犯モルガンとエルキの関係をカーステンとエルキの担当精神科医サラとの関係に重ねたりしながら物語が重層的に描かれているので、シンプルなストーリーにもかかわらず退屈せずにラストまで一気に観れたんですが、幻覚を見るほど逃げた妻に連れて行かれた息子のことが気になって仕事まで辞めて帰国してしまおうとしていたカーステンなのに、彼女ができたとたん簡単にノルウェーに残ることを決めてしまうとは、息子のアルヴィンやカニク少年がいまいち報われないような気がしてなりません。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

原作情報

Ekko (2007)

Ekko (2007)

オリジナルタイトル:Ekko

English Title:Echo

日本語フェスティバルタイトル:記憶の谺(こだま)

監督:アナス・モーゲンターラー Anders Morgenthaler

上映時間:80 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008で上映)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

警官のシモンは離婚に際して養育権を失い、夏のある日、別れた妻の所から息子のルイを連れ去ってきた。誘拐犯として警察に追われる身になったシモンは人里離れた差し押さえになった一軒家に忍び込み、他人との接触を避けるように親子の生活を始める。だがその時から、シモンは悪夢に悩まされるようになる。

メモ

  • スリラータッチのドラマ
  • デンマークの田舎。田園と海岸が続く。
  • 無人のサマーハウス
  • 仲のよい父と子
  • 日本ではあまり見ない形のネズミ捕り
  • 自分の父親と同じにはならないと叫ぶシモン
  • ドイツ語でスーパーの店員の目をごまかそうとするシモンに対し、デンマーク語がわからないと信じて、下品なデンマーク語でシモンに話しかけるアンジェリク
  • この映画で憶えた単語:Kødpølse, Bøsse, Vandskræk

コメント

Princess (2006) で長編デビューしたアナス・モーゲンターラー監督が、今度は実写映像で父と息子の絆を描きます。これまでアニメーションを多く手がけてきたモーゲンターラーだけに、ルイの描くパラパラマンガ風の絵に、監督のアニメーションに対する思い入れが感じられました。

シモンとルイの関係を描く描写が続き、はじめはただの仲のよい親子の夏休みと言った感じですが、シモンがルイといっしょに人里離れたこの地にやってきた理由がじわじわと明らかになっていき、そこにシモンの見る悪夢が絡んできてドラマをもり立てていきます。ただ、養育権を失った父親とその息子の関係とか、そこに絡んでくる女性の存在とか、ハリウッド映画にもありそうな設定で、映画の中に北欧らしさ(デンマークらしさ)はほとんど見られませんでした。逆に言えば、デンマーク映画に慣れていない人でも楽しめる作品なのかもしれませんが…

ゼイ・イート・ドッグス (1999)プッシャー (1999) での乱暴者のイメージが強いキム・ボドゥニア Kim Bodnia が優しい父親を演じているのが驚き。。。そのほか、Princess から引き続きステン・フィスケ・クリステンセン Stine Fischer Christensen がモーゲンターラー作品に出演しています。クリステンセンは En soap (2006) で長編監督デビューした Pernille Fischer Christensen の妹で、私が映画の中で見る時は少し思慮の足らなそうな女の子の役が多いからかもしれませんが、ちょっと前のジュリエット・ルイスのようなイメージです。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix