Eläville ja kuolleille (2005)

Eläville ja kuolleille (2005)

オリジナルタイトル:Eläville ja kuolleille

English Title:For the Living and the Dead

監督:Kari Paljakka

上映時間:95分

製作国:フィンランド

日本劇場未公開

あらすじ

ヤッコの次男マッティが自宅の前に止めていた車の火事で死んでしまう。妻のマリヤが悲しみに暮れる中、ヤッコは火事が自分のせいだと責め始める。マッティの死以前の平凡な生活に戻ろうと努力するヤッコ、マリヤ、そして長男のティモだったが、ことあるごとに火事の記憶が家族全員を苦しめる。

メモ

  • 自らの体験をもとにした Gösta Karf の著作 En junisöndag kvart över tolv の映画化
  • 向かいの家に住むヤッコの父親
  • 両親の安全を電話で確かめるために、毎朝20セントを手に学校へ行くティモ
  • 休み時間に父親に電話するために先生に許可を求めるティモ
  • ティモへのクリスマスプレゼントはレゴ
  • 死んだ息子の苦しみを自分も体験しようと試みるヤッコ
  • この映画の舞台となっている町はカーリス(Karis [sv], Karjaa [fi])だが、映画の元になった事件が起こったのはヤコブスタード(Jakobstad [sv], Pietarsaari [fi])らしい。(各リンク:グーグルマップ)
  • チョイ役でカティ・オウティネンやマルック・ペルトラも登場
  • エンドロールでアキ・カウリスマキへの謝辞

コメント

こういうのをPTSDと言うんですかね? 子供の死によっておかしくなり、そこからなんとか普通の生活に戻ろうと苦しむ家族の物語。事故や病気で死んだ子供の父親や母親、あるいはその両方がおかしくなることを描いている映画も少なくないと思いますが、これが戦時下や貧困に喘ぐ家庭の場合だったりするとまた違った物語になってしまうとも思われます。

マッティを失った苦しみから立ち直ろうとする家族の心理描写が続きますが、個人的にはその家族の背景に描かれるものに興味を覚えるました。主人公ヤッコの家のこぎれいな家の無機質さ、妻マリヤの姉やティモの学校の先生たちの妙な冷たさが目についたりしますが、これらをヤッコの家族の異常な状態が前面に出た時の背景として捉えてしまうからでしょう。おそらくヤッコの家庭はもともとはフィンランドの地方都市に生きる平凡な家族であり、このストーリーがマッティの死に至る事件以前の状態に戻ろうとする家族の物語であることを考えると、その背景にあるものも実は平凡な日常であり、そういう意味では一般的なフィンランドの家庭の生活を見ることができる映画なのかもしれません。

監督の Kari Paljakka は1985年に起こった Gösta Karf の事件について報道するテレビを20年前に見て以来この家族に関して興味を持ち続け、Karfの家族全員への取材を行いながらシナリオを書いたそうです。この物語に長年執着してきた理由のひとつには、監督自身も以前2人の兄弟を事故で失っており、この映画を製作することで兄弟を失った時の両親の苦しみを理解しようとしたのではないかと、インタビューの中で振り返っていました。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

Ads by Sitemix