Klass (2007)

Klass (2007)

オリジナルタイトル:Klass

English title:The Class

フェスティバル日本語タイトル:ザ・クラス

監督:イルマル・ラーク Ilmar Raag

上映時間:99 分

製作国:エストニア

日本劇場未公開、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008で上映

公式サイト:Klass

予告編 (Official UK trailer)

あらすじ

これまでずっとイジメられ続けてきた高校生のヨーセップ。彼へのあまりの集中攻撃ぶりに呆れはじめたクラスメートのカスパルは、彼をかばったことで同じ様に標的にされてしまう。そこからクラス対二人の闘いが始まった。(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008より)

ひとくちコメント

  • SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008 長編部門脚本賞受賞
  • エストニアの高校での学園生活が描かれる
  • 冒頭のバスケットボールのシーンはミュージック・クリップ風
  • それ以降はドキュメンタリータッチ。ハンディカメラによる映像が続く。
  • カスパルがヨーセップへのいじめを意識し始めてからの学校での7日間のできごと
  • 肉体的にも精神的にもかなり激しいイジメが行われる(リアル世界と比べてどうなのだろうか)
  • シナリオがよいのか、印象に残る台詞が多数。
  • 弱気なヨーセップには強い父親。芯の強いカスパルには心配性の祖母。
  • 成績の良い生徒の言うことを信じる教師
  • 消費社会への反抗
  • ラストは理解の仕方が難しい
  • 結局テアはカスパルに合っていたのか、合っていなかったのか・・・

追記

個人的には学園ものは趣味に合わないのであまり期待しないでみてみたのですが、これがなかなか。ラストがどうのというより、それぞれのキャラクターの描き 方が秀逸でした。イジメる者、イジメられて耐える者、イジメられて闘おうとする者、イジメに荷担する者、そのイジメを見て楽しむ者、見て見ぬ振りをする者 など、それ以外にも教師や親たちもそれぞれがストーリーにばっちり合った感じで心動かされました。リリア 4-ever (2002) 以来ひさびさの絶望的な作品ですが、目的を達した分、こっちの方がまだ救いがあるのでしょうか。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

フロストバイト (2006)

Frostbiten (2006)

オリジナルタイトル:Frostbiten

English title:Frostbitten

日本語タイトル:フロストバイト

監督:アンダシュ・バンケ Anders Banke

上映時間:98 分

製作国:スウェーデン | ロシア

日本公開:2007年7月(配給:LIBERO)

公式サイト:フロストバイト [FROSTBITEN] – Official Web Site

予告編

あらすじ

この町に引っ越してきたばかりの女医アニカと17歳の娘サガは、いつの間にか氷雪と血にまみれた世界に放り込まれたことを知る。幾つもの謎をはらみつつ、ひとり、またひとりと、人間がヴァンパイアと化し、町は恐怖のどん底に叩き込まれた…。(公式サイトより)

ひとくちコメント

  • ヴァンパイアもの。コメディタッチも含んだホラー
  • ハリウッドの学園ホラー風。軽妙なテンポ。
  • ロッタちゃん(グレーテ・ハヴネショルド)が見事に成長
  • 舞台はスウェーデン北部の街カリクス(Kalix)。といっても、暗くて街並みがほとんど見えないのが残念。。。
  • ラストは数通りの解釈が可能か・・・

追記

同じくスウェーデンのヴァンパイアもの『ぼくのエリ 200歳の少女』が日本でも公開されましたが、個人的には北欧の冬にヴァンパイアものは似合うと思います。日が昇ることが少ないし、なんといっても雪の白 さに血の赤い色が映えます。『ぼくのエリ・・・』ほどシリアスな見せ方ではありませんが、通常のヴァンパイアもののように全ての被害者が受け身ではなく、 能動的に錠剤を飲むことで(意図的ではないのですが)みずからヴァンパイアになってしまうといったような面白い点も見られました

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

  

Ads by Sitemix