Bjarnfreðarson (2009)

Bjarnfreðarson (2009)

オリジナルタイトル:Bjarnfreðarson

English Title:Mr. Bjarnfreðarson

監督:Ragnar Bragason

上映時間:105分

製作国:アイスランド

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人の罪による禁固10年の判決で服役していたゲオルグ・ビャーンフレダルションは、模範囚ということで半分の5年で出所することになる。ひさびさに生まれ育った家に戻ったゲオルグだったが、アイスランドでも有名なフェミニスト思想家の母親は受け入れてくれない。住むところのないゲオルグは、かつてガソリンスタンドやホテルで働いていたときの同僚で、表向きは医者になるために大学に通っていることになっているダニエルの家に転がり込む。そこにはダニエルとともにいっしょに服役した同じ職場の同僚オラフルも居候していた。

メモ

  • コメディ
  • 出所したくないゲオルグ。以前の囚人の暴動を主導したと主張する
  • レーニン風の風貌にゲバラの帽子
  • ママと呼ばせないゲオルグ少年の母親
  • アイスランドでも犯罪歴のあるものは職に就くのが難しいようだ
  • ダニエルが図書館でゲオルグの子供の頃に関する新聞記事を発見。まったく関係ないが、その記事の横に日本人によるシシャモ売買の記事が…
  • 共産主義者の祖父と社会主義者の母
  • サンタクロースはアメリカ消費社会のシンボル。クリスマスを祝うのは家族のためであって資本家のためではない。
  • オロフ・パルメ(暗殺された元スウェーデン首相)が父親だと信じ込むゲオルグ少年

コメント

Næturvaktin (2007)

アイスランドで大人気のTVシリーズ3部作 Næturvaktin (2007)Dagvaktin (2008)Fangavaktin (2009) の結末的物語を描いた作品。アイスランドでの公開週の週末にはアバター (2009) 以上の動員を記録したとのこと。これらのTVシリーズを見ていなくてもそれなりに笑えるコメディですが、やっぱり見ていなければわからない部分もあるんだろうなとも思います(オラフルがFMラジオ放送で話しているのは、TVシリーズ内で描かれたゲオルグの話がらしい)。もとは3人のキャラクターを描くTVシリーズを2時間弱の映画におさめる際に、3人すべてのキャラクター説明に時間を割くことも難しいとも思われ、主人公を1人に絞ることになるのは必然かもしれません。他の2人も個性の強いキャラクターなので「?」となる部分が多少あるのは仕方がないことなのかもしれません。

Næturvaktin
YouTube Preview Image

Dagvaktin
YouTube Preview Image

Fangavaktin
YouTube Preview Image

この作品ではその3人のうちの1人、ゲオルグ・ビャーンフレダルションのエキセントリックな共産主義思想がどのように出来上がったのかについて、彼の子供時代の回想を交えながら描かれます。ゲオルグの母親と祖父はともに極端な思想の持ち主で自分たちの思想をゲオルグに押し付けるわけですが、その母親と祖父の間にも思想の違いが見られます。祖父がスターリニズム的傾向が見られるマルクス・レーニン主義なのに対して、母親のビャーンフレドゥルはフェミニズム活動家としての社会主義思想の傾向が見られ、スウェーデンに関する見解などで対立していたりします。これは祖父と母との育った時代の違いによるものかもしれませんが、基本的には祖父から母へ受け継がれた反資本主義思想がもとにあり、それがゲオルグにも引き継がれています。母親とゲオルグの関係を見てみると、祖父から母への思想の受け継ぎも恐らく強制されたものであり、このような親からの強制された人生というものが代々医者であったダニエルの家族の物語に重ねられていき、全体的にはその強制から逃れようとする人達の物語になっているようです。

改めて見てみると、世界恐慌以降、社会民主主義(大きな政府)勢力の強い他の北欧の国に比べて、アイスランドでは自由主義(小さな政府)勢力の方が優勢だった期間が長いようで、イデオロギー的側面の映画内での現れ方が他の北欧諸国と違うアイスランドに特有なものがあったりするのかもしれません。また、オロフ・パルメを自分の父親だと信じ込んだゲオルグ少年が自分の名字を変え、しみじみと「ゲオルグ・オロフション」とつぶやくところなどはかなりアイスランド的な場面だと思われます。

なお、元になったTVシリーズがアメリカでリメイクの準備が進められているようですが、キャラクターの設定が大きく変わってしまうとのこと。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Kaldaljós (2004)

Kaldaljós (2004)

オリジナルタイトル:Kaldaljós

English title:Cold Light

監督:Hilmar Oddsson

上映時間:90 分

製作国:アイスランド | ノルウェー | イギリス | ドイツ

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

デッサンの教室に通う中年男性グリムルは、子供のときに描いた不思議な絵を大事に保管している。デッサンの実習でも不思議な絵を描き、それを見た ままに描いたのだと言う。講師である外国人のリンダはそんな彼に興味を持ち親しい関係となる。他人をあまり受け付けない雰囲気を持つグリムルだったが、彼 にはアイスランド東部の漁村で暮らした子供時代に、隠された不思議な過去があった。

ひとくちコメント

  • ドラマ。微妙にミステリー風。
  • 現在と過去のシーンが盛んに入れ替わるので戸惑うこともあるが、そこがまたミステリーを盛り上げる。
  • 人の未来が見えると言うスーパーナチュラルなグリムルの子供時代。感受性の豊かなアーティストとはそういうものか?
  • 寒々としたアイスランドの田舎の風景
  • 別の世界に生きていると言われる一人暮らしの老女
  • 魔女ではないかという疑いを持ち、老女の家へ向かう幼い兄妹
  • 「外国から来たのか?」と聞かれて、「別のフィヨルドから来た」と答えるインドリディの叔父。
  • 一家の大黒柱の帰りを不安げに待つ漁師の家族たち。漁師には危険は付き物。
  • ときに子供は残酷
  • どんよりした曇り空と、グリムルとリンダが描く青空
  • 数年振りに故郷を訪れるグリムル
  • グリムルが子供時代に暮らした場所は、アイスランド東部の Seyðisfjörður。(グーグルマップ参照

追記

一見悲しいストーリーではありますが、それとともにそこから立ち直る人間の物語がアイスランドの荒涼として厳しい自然の風景とマッチしています。また、コールド・フィーバー (1995) にも精霊が出て来たりしていましたが、このようなアイスランドの自然の中で生きる人々の中では、ファンタジックな内容が受け入れられやすいのかもしれません。

DVD情報

 

Äideistä parhain (2005)

Äideistä parhain (2005)

オリジナルタイトル:Äideistä parhain

English title:Mother of Mine

監督:クラウス・ハロ Klaus Härö

上映時間:111 分

製作国:フィンランド | スウェーデン

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

9歳のエーロはフィンランドで両親と幸せに暮らしていたが、ソ連との戦争が始まり、父親が戦場で亡くなってしまう。エーロは悲しみに暮れる母親キ ルスティを励ましながら暮らしていたが、戦火の危険にさらされて来たため、母と別れてスウェーデンへ疎開させられる。あるスウェーデンの農家に引き取られ たエーロだったが、フィンランドに帰り母と再び会うことを夢見ながら、言葉もまともに通じず文化も違う異国の地で生きていくことになる。

ひとくちコメント

  • 大戦時のフィンランド学童疎開に関するドラマ
  • 最初はわかりにくいが、過去と現在のシーンが交互に描かれる。
  • 現代のシーンがモノクロで、過去がカラー。
  • スウェーデンでは屋内では靴を脱ぐ
  • 陰鬱としたフィンランドの風景に対して、広々とした開放的な自然のスウェーデンの風景。
  • 二度の別れとそこからの立ち直り
  • エーロが引き取られた先は、スウェーデンのスコーネ地方。町の名前まではわからなかったが、ロケ地はスコーネ地方のイースタッド Ystad らしい。(グーグルマップ参照
  • 原作はジャーナリストでテレビの司会者などでも活躍中(らしい)の Heikki Hietamies の小説。彼自身が戦時中にスウェーデンのスコーネ地方に疎開した経験があるとのこと。

追記

日本では冬戦争や継続戦争のことについてはあまり知られていませんが、当時のフィンランドの学童疎開が現地では問題になっていたことなど、よほど詳しくない限りこのような映画で初めて知ることになるのでしょう。あこがれ美しく燃え (1995) などもそうですが、大戦時の北欧の状況や、大戦に関する問題意識を見る手がかりにもなると思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

Ads by Sitemix