Mýrin (2006)

Mýrin (2006)

オリジナルタイトル:Mýrin

English Title:Jar City

監督:Baltasar Kormákur

上映時間:93 分

製作国:アイスランド | ドイツ | デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

エルンの5歳になる娘のコーラが幼くして病気で死んでしまう。同じ頃、レイキャビークの郊外のある家で老人の撲殺死体が発見される。この殺人事件を捜査していく中で30年前のレイプ事件の存在が明らかになり、担当刑事のエーレンデュルは殺人事件とレイプ事件の関連を調べていくことになる。

メモ

  • ミステリー
  • アイスランドの推理作家アーナルデュル・インドリダソン Arnaldur Indriðason によるエーレンデュル警部シリーズの中の2000年に発表された小説 Mýrin の映画化
  • エーレンデュルの同僚シグルドゥルの言葉「典型的なアイスランドの殺人事件。汚くてむなしくて、証拠を隠そうともしていない」
  • ホルガで撮られたという墓地の写真(劇中ロシア製と言っているが、ホルガは中国製)
  • 父親のわからないコルブルンの娘。警察の資料担当によれば、このような場合予想できることは、近親相姦かレイプによるもの、あるいは外国人の父親とのこと。
  • スヴィズ(Svið:羊の頭を煮込んだ料理)を食べるエーレンデュル。コールド・フィーバー (1995) にも登場した、一部では有名なアイスランド料理。
  • 悪名高い犯罪者のエリディでも、週末には刑務所から外出ができる。そして日曜は刑務所は休みらしい。
  • グレタルとエリディは、コルブルンはアメリカ軍の基地で身体を売っていたと証言。当時、米軍中心のアイスランド防衛隊の司令部はケプラヴィークにあった。この映画のアイスランドでの公開直前の2006年9月に閉鎖。
  • コーラがかかっていたのは、神経線維腫症という病気
  • 劇中登場する主な舞台はレイキャヴィークと、そこから南西へ約50km離れた街ケプラヴィーク Keflavíkグリンダヴィーク Grindavík(グーグルマップ参照)
  • そしてエウドゥルの墓と彼女の叔母エリンの家の場所(グーグルマップ参照

コメント

上質ミステリー映画。最後に真実が一気に明かされるタイプのミステリーではなく、観客はストーリーの最初の方である程度犯人の目星を付けられることになりますが、事件を追う刑事が犯人に近づいていく過程がダークな雰囲気の中で描かれていて、見ている方もラストまでその緊張感を楽しめる映画でした。見所はそのミステリアスなストーリーばかりでなく、私にとってはスクリーンに登場する多くの要素がアイスランド的なもので、映画の冒頭のシグルドゥルの言葉に倣えば、ひょっとしたらこれは《典型的なアイスランド》についての映画なのかもしれません。荒涼としたアイスランドの風景や水蒸気を上げる大地とか、登場人物が食べるアイスランド料理とか、孤独に生きる人達とか、、、また、最近はテロのおかげで有名になったノルウェーの刑務所の仕組みと同じようなものがここでも見られ、刑務所に入っている犯罪者が週末に外出したり、およそ日本やアメリカを舞台にした映画では見られないシーンでしょう。アメリカ軍の基地の話や人口が30万人ほどのアイスランドの住民すべての遺伝情報を収集する企業など、アイスランド的なものは画面に映るものばかりでなく、登場人物の言葉の裏にもアイスランドの状況が隠れていたりします。

基本的には親と子の関係がストーリーを貫いていて、エーレンデュルと娘のエヴァの関係がエルンとコーラの関係、また他にも、エルンと彼の母親や父親との関係やコルブルンと娘のエウドゥルの関係などに重ね合わされ、殺人事件の謎とそれを捜査するエーレンデュルの私的なストーリーが平行して進んでいきます。また、エルレンドゥルは高層集合住宅で孤独に暮らしていて、遠くから見ると同じ形状で一様に並んだベランダの一つで、煙草を吸いながら朝のひとときを過ごす彼の姿を見ることができ、この映画の中のエーレンデュルとは一般的なアイスランド人を象徴している人物なのだと思われます。

全体的に重苦しい雰囲気の映画ですが、ブラックな笑いもところどころ盛り込まれ、また、しんみりさせるところもあったりして、個人的にはしっかりした娯楽映画に仕上がっているとも思っています。 101 Reykjavík (2000) とか Hafið (2002) とか、評価は高くても少々カルト的な人気の作品ばかりだったバルタザール・コルマクール監督ですが、こういう娯楽作品を作っていれば、彼の作品が日本で公開される日がそのうち来るかもしれません。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD、原作本情報

エグゼクティブ・プロテクション (2001)

エグゼクティブ・プロテクション (2001)

オリジナルタイトル:Livvakterna

English Title:Executive Protection

日本語タイトル:エグゼクティブ・プロテクション

監督:アンデルス・ニルション Anders Nilsson

製作国:スウェーデン

上映時間:112分

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

あらすじ

テキスタイル会社を経営しているスヴェン・ペルションは、エストニアに工場を設立した後、現地の犯罪組織から脅しを受けるようになった。スヴェンは犯罪組織との交渉を国際的な警備会社と称するドイツ人のニクラス・レーマンという男に依頼する。交渉の場でレーマンのグループは、スヴェンの目の前でエストニアの犯罪組織の一味を皆殺しにしてしまう。恐れをなしたスヴェンはレーマンとの関係を断ち切ろうとするが、レーマンは支払いを要求し、それを渋るスヴェンに脅しをかけてくる。困ったスヴェンが古い友人であるユーアンに相談すると、警察が無力であることを知っているユーアンはある警備会社をスヴェンに紹介し、スヴェンと彼の家族を守ろうとする。

ひとくちコメント

エグゼクティブ・プロテクション (2001)

  • ユーアン・ファルク・シリーズの第2弾
  • エストニアに進出しているスウェーデンの企業
  • ドイツ人の警備会社 vs スウェーデン人の警備会社
  • 相変わらず警察の中で協調性に欠けるユーアン。とうとう自転車盗難担当にとばされる。そして相変わらずヘマもやらかす。
  • ユーアン以上に間抜けなスヴェン
  • ユーアンの過去が明かされる
  • 前作から一転してハイテク戦。銃火器も強力になる。
  • 家族と仕事
  • ニナも健やかに成長。ただし出番が少ないのが残念。3作目での活躍を乞うご期待。
  • 土地の名前がほとんど出てこないのでどこだか詳細な場所はわからないが、ユーアンがイェーテボリの警官であること、ラスト近くのシーンでベーナシュボリから警官が向かうと告げられることなどから、ヴェーネルン湖の南西あたりの地域だと思われる。(グーグルマップ参照

追記

ヨーロッパの中で国際的な犯罪に脅かされているスウェーデンという、この後のユーアン・ファルク・シリーズに続く流れがこの作品から始まっているようで、実際に警備会社の社長モルテンソンが口にする「第三の波(tredje vågen)」 という言葉が、このシリーズ第3作目のタイトルにもなっています。内容も国際的になって来て、登場する言語がスウェーデン語、英語、ドイツ語、そしてわずかにエストニア語と多彩になってきました。
1作目のゼロ・トレランス (1999) もそうでしたが、犯罪に会う側と起こす側、さらにそれを取り締まる側すべてに家族があり、家族ドラマという一面もこのシリーズの特色になっているようです。ただ1作目に比べて登場する家族が裕福になっていて、裕福さと犯罪との関わりということが、映画の中で語られるように国家全体に及ぶことを暗示しているのかもしれません。そんな中、幸せな家庭に縁のない女性が登場し、この作品のアクセントになっているような感じです。
ハリウッドのアクション映画のような派手さはありませんが、リアルでシンプルなアクションを見せており、1作目に劣らず、というよりはアクションの面では進化した感じで、丁寧な作りに好感が持てる1本でした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

ゼロ・トレランス (1999)

Noll tolerans (1999)

オリジナルタイトル:Noll tolerans

English title:Zero Tolerance

日本語タイトル:ゼロ・トレランス

監督:アンデルス・ニルション Anders Nilsson

上映時間:108 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

予告(ドイツ語吹き替え版)

あらすじ

すばらしい能力を持ちながらも仕事場では協調性に欠けている刑事ユーアンは、クリスマスの夜、宝石強盗を偶然目撃して犯人一味を追跡するものの、 通行人に犠牲者を出し、犯人の一人を取り逃がす。目撃者たちの証言によりレオ・ガウトが犯人として浮かび上がるが、目撃者たちは突然証言を翻し、ユーアンは逆にガウトの罠にはめられていく。

ひとくちコメント

  • 刑事もの。アクション。
  • 舞台はスウェーデン第2の都市イェーテボリ。冒頭から街の様子が映し出される。
  • 所々に見られるスウェーデンのインテリア。おしゃれ。
  • 北欧だけに女性の社会進出がかいま見られる。ちなみに警察署長から女性。
  • 意外に間抜けな主人公。失敗の連続。
  • それと同時に悪役のガウトにも間抜けな面が・・・
  • 派手なアクションはそれほど見られないが、人間ドラマの中にアクションが効果的にちりばめられる。
  • 劇中舞台となるアイスホッケーの試合は、スウェーデンのホッケーリーグ1部 Elitserien の Frölunda HC 対 AIK。フットボールだけでなくホッケーでも AIKサポーターが暴れる。
  • その後シリーズ化されたユーアン・ファルク・シリーズの第1弾。
  • 悪役レオ・ガウトを演じたペーター・アンデションは、ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (2009) でも変態悪役ビュルマンを演じる。どこまで行ってもこの顔だと悪役なのか・・・

追記

個人的には意外にお気に入りのこのシリーズ。ベックやヴァランダーのように渋くはありませんが、ユーアンが特殊部隊員のようなスーパーマン振りを見せなが らも、なぜかいつも間抜けなことをしでかす・・・みたいなところが魅力でしょうか。それと同時に、北欧だけでなくヨーロッパの街のなかで繰り広げられる弱 い人間たちのドラマが見られたりして、なかなか面白い小作シリーズです。

その第1弾のこの作品。親子や男女など、人同士の関係が小さなテーマになってるのか、北欧の国で孤独に生きる人達が出てきます。主人公は過去の事件を引き ずって他人を受け入れないし、目撃者のアンデション親子にも夫(父親)の陰は見受けられません。さらにもう一人の目撃者のエドヴィンも孤独に生きる老人で あったりしますが、なぜか家族で楽しく生きている人間を描こうとすると中国人の家族になってしまうという、社会に生きるヨーロッパの現代人としてのイメー ジがあるのかもしれません。
この作品の中では悪の権化のように描かれるレオ・ガウトですが、10年後にユーアンに助けを乞うことになるとは、この時はだれも想像していなかったでしょう。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

   

Ads by Sitemix