Äideistä parhain (2005)

Äideistä parhain (2005)

オリジナルタイトル:Äideistä parhain

English title:Mother of Mine

監督:クラウス・ハロ Klaus Härö

上映時間:111 分

製作国:フィンランド | スウェーデン

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

9歳のエーロはフィンランドで両親と幸せに暮らしていたが、ソ連との戦争が始まり、父親が戦場で亡くなってしまう。エーロは悲しみに暮れる母親キ ルスティを励ましながら暮らしていたが、戦火の危険にさらされて来たため、母と別れてスウェーデンへ疎開させられる。あるスウェーデンの農家に引き取られ たエーロだったが、フィンランドに帰り母と再び会うことを夢見ながら、言葉もまともに通じず文化も違う異国の地で生きていくことになる。

ひとくちコメント

  • 大戦時のフィンランド学童疎開に関するドラマ
  • 最初はわかりにくいが、過去と現在のシーンが交互に描かれる。
  • 現代のシーンがモノクロで、過去がカラー。
  • スウェーデンでは屋内では靴を脱ぐ
  • 陰鬱としたフィンランドの風景に対して、広々とした開放的な自然のスウェーデンの風景。
  • 二度の別れとそこからの立ち直り
  • エーロが引き取られた先は、スウェーデンのスコーネ地方。町の名前まではわからなかったが、ロケ地はスコーネ地方のイースタッド Ystad らしい。(グーグルマップ参照
  • 原作はジャーナリストでテレビの司会者などでも活躍中(らしい)の Heikki Hietamies の小説。彼自身が戦時中にスウェーデンのスコーネ地方に疎開した経験があるとのこと。

追記

日本では冬戦争や継続戦争のことについてはあまり知られていませんが、当時のフィンランドの学童疎開が現地では問題になっていたことなど、よほど詳しくない限りこのような映画で初めて知ることになるのでしょう。あこがれ美しく燃え (1995) などもそうですが、大戦時の北欧の状況や、大戦に関する問題意識を見る手がかりにもなると思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

Ads by Sitemix