Kærlighed på film (2007)

Kærlighed på film (2007)

オリジナルタイトル:Kærlighed på film

English Title:Just Another Love Story

監督:オーレ・ボールネダル Ole Bornedal

上映時間:100 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人事件の死体撮影を仕事とするカメラマンのヨナスは、特殊なのはその仕事だけで、妻と二人の子供を持つ一般的な夫であり父でもある。彼は郊外に新しいアパートを手に入れて平凡な生活を送っていたのだが、ある朝、一家を乗せた車が路上でえんこし、ヨナスの車をよけようとした一台が大事故を引き起こす。その車を運転していた女性ユリアは重傷を負い、担ぎ込まれた病院で意識不明となる。事故直後のミステリアスなユリアの顔が頭から離れないヨナスは、恋人だと偽りユリアの病室へ様子をうかがいにいこうとするが、病院に居合わせたユリアの家族に、ユリアの実の恋人らしきセバスチャンなる人物と間違われてしまう。じきに意識を取り戻したユリアだったが、視力を失い、セバスチャンの記憶も失っていたユリアの家族の強引な依頼もあり、ヨナスはセバスチャンになりすましたままユリアの世話をしていくことになる。

ひとくちコメント

  • サスペンス・スリラー
  • I Am Dina (2002) のあと5年を経て、オーレ・ボールネダル監督作品として久々に世に出たパラサイト X (2007) の2ヶ月後に公開された作品。
  • 主人公の仕事とプライベートのギャップ
  • コントラストの強い映像
  • 郊外の集合住宅
  • 事故のシーンの見せ方は、なかなか個性的
  • 「フィルム・ノワールは美人とミステリーで始まる」フランクの言葉
  • カンボジアを旅行するデンマーク人
  • ヨナスに白紙の小切手を渡すユリアの父親
  • 庶民の生活と金持ちの生活
  • ヨナスがユリアに話すセバスチャンとしての記憶
  • スーパー・マーケットで別れ話
  • 極めて普通:ユリアの父親によるセバスチャン(ヨナス)評

追記

普通の生活と刺激のある生活の対比。カメラマンとして世界を飛び回る夢を抱いていたヨナスは、仕事で死体毎日のように撮影していながらも、自分の生き方を普通の生活と考えているふしがあって何ともへんな男です。セバスチャンになりすましユリアにアジアでの思い出を話して聞かせますが、これは彼が実際に夢見ていたカメラマンとしての生活のようで、彼がこの映画の中でいちばん生き生きしている瞬間です。その後、映画の中程のユリアの担当医ベックマンの話の所から雰囲気が少し変わってきますが、やはり刺激のある生き方にはリスクがついて回るということなんじゃないでしょうか。

ユリアとセバスチャンの関係で腑に落ちないところがあったり、唐突にオルフェウスとエウリュディケーの話が出て来たり、個人的に疑問に思うところもいくつかあります。日本で公開された作品も少なくないアナス・ベアテルセン、レベッカ・ヘムセ、ニコライ・リー・コスが出演しているボールネダルのスリラー作品でも日本で公開されないというのは、やはりその辺がネックなんでしょうか。とりあえずは、ワイルドな役を演じるニコライ・リー・コスあたりは見所ですかね…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報ほか

Blóðbönd (2006)

Blóðbönd (2006)

オリジナルタイトル:Blóðbönd

English Title:Thicker Than Water

監督:Árni Ásgeirsson

上映時間:90分

製作国:アイスランド | デンマーク | ドイツ

日本劇場未公開

予告編

http://www.dailymotion.com/video/xf4rw0

あらすじ

間もなく第2子が誕生する予定のペーテルとアスタの夫婦は、息子のオルンとともに幸せに暮らしていた。ある日、オルンがフットボールの練習中に突然倒れて病因に運び込まれる。原因は単なる貧血だったのだが、血液検査の結果を聞いたペーテルは愕然とする。オルンの血液型が、O型のペーテルとアスタの間に生まれるはずのないA型だったのだ。その時からペーテルの中にアスタに対する疑いが湧き始め、彼は家族と離れてホテルで暮らしていくことを選ぶ。

ひとくちコメント

  • Árni Ásgeirsson 監督の長編デビュー作
  • 幸せだった家族関係が崩れていく
  • アイスランド人もパーティ三昧?
  • 空港のカウンターでチケットの変更を断られ、対応する職員に怒りまくるアスタ。ヨーロッパの空港で何度も見た光景。
  • ホテルのエレベーターは日本人でいっぱい
  • チェルシー×マンチェスターUの結果について話すペーテルの妹の婚約者ボルクル。グジョンセンが得点したと喜ぶ。アイスランド人も自国の選手の活躍が気になるようだ。
  • ペーテルの秘書のアンナ。職場とプライベートの雰囲気がまるで違う。
  • あてもなくバスに乗って街を回るオルンと友達のインガ
  • 洗濯機の水漏れ。よくありそうな話。
  • 「人はなぜ結婚なんかするのだろうか」ボルクルのつぶやき

追記

内容だけ考えてみるとドロドロな話なんですが、映像は乾いた感じで音楽も少なく、映画は静かに進んでいきます。ペーテルは取り乱すでもなく頭の中でぐるぐると考えを巡らせて、まわりの人間を巻き込んでいきます。年少のオルンを含めて登場する男性たちはみな精神的に弱そうで、いつも女性に頭が上がらない感じです。ペーテルは妻のアスタにつきはなされると秘書のアンナのところへ駆け込み、アンナのところにいられなくなるとアスタの家へ向かうし、ボルクルは婚約者であるリリアの言うなり。ペーテルの息子のオルンは、女友達のインガについてバスに乗って街を回ります。こんな感じで、男の弱さがやたらと目につく1本でした。

この映画で問題となる血液型ですが、ヨーロッパでは興味を持っている人が少なく、私は自分の血液型を知っているヨーロッパ人をまだ見たことがありません。そういうものだからこそ、血液型に関する物語が生まれ易いということもあるのかもしれません。ちなみにO型の両親からA型の子供が生まれることはあるようなので、ペーテル一家のような問題に会わないように、下に参考のブログを上げておきます。

関連記事、サイト、ブログ等