Babylonsjukan (2004)

Babylonsjukan (2004)

オリジナルタイトル:Babylonsjukan

English Title:Babylon Disease

監督:ダニエル・エスピノーサ Daniel Espinosa

上映時間:90 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

抜粋

YouTube Preview Image

あらすじ

夏のある日、オッレが6週間の予定でインドに旅立とうとする。オッレのアパートに住んでいた恋人のマヤは、オッレが戻ってくるまでアパートを出なければならない。オッレは友人のマティアスに、マヤをしばらく住まわせてくれるよう頼み旅立ってしまう。マヤは仕方なくマティアスのアパートに転がり込むが、そこは毎日フラフラしている若者たちのたまり場で、アパートは散らかり放題。マティアスは台所にマヤのベッドを準備していた。かくしてマヤのマティアスのアパートでの生活が始まった。

メモ

  • 現代のスウェーデンの若者を描いたドラマ
  • イージーマネー (2010) で日本でも知られるようになったダニエル・エスピノーサの2004年の作品
  • 地下鉄の検札に止められるマヤと友人のポーリン
  • トイレットペーパーの代わりに電話帳
  • 高級な暮らしのポーランド移民のポーリン
  • ポーリンの家からトイレットペーパーを拝借しようとするマヤ
  • マヤとポーリンがレンタルするビデオはイングリッシュ・ペイシェント (1996)
  • 政治的な話題を嫌うマティアス。
  • ハンバーガーショップでバイトするマヤ
  • 食料とアルコールを求めて政治家のパーティに潜り込むマヤたち
  • スウェーデンのレゲエミュージシャンであるティンブクトゥの音楽
  • マティアスのアパートの場所は、ストックホルム、セーデルマルムの西に位置する Hornstull(グーグルマップ参照
  • 政治家ニクラス・グスタフソンを誘拐し、Skärholmen に置き去りにする計画を話すラミロ。ストックホルム郊外の Skärholmen は60年代から70年代にかけて建設された集合住宅地区で、移民がおおく住む地区らしい。(グーグルマップ参照
  • ジョニーデップに似ていると主張するラミロに対して、Ulf Lundell に少し似ているというマヤ。Ulf Lundell は70年代にデビューしたスウェーデンのボブ・ディランとも呼ばれたロックシンガーで、様々な分野の人間と論争をしてきた人らしい。

コメント

監督のダニエル・エスピノーサはこの映画の公開当時が27歳で、脚本の Clara Fröberg も24歳と、映画に登場する人物たちとほとんど同じような年代で、望遠を多用したドキュメンタリー風の映像でもあるし、彼らのよく知っているスウェーデンの若者のリアルな人生を描いたと言えるのかもしれません。映画の中に登場する政治家グスタフソンが所属する政党であるNS(「新しいスウェーデン党」とでも訳す?)は移民排斥を主張しており、どう見てもスウェーデン民主党のことのようです。そのグスタフソンが痔の手術をするとか、麻酔のさめてきた手術後に朦朧としてよだれを垂らしているとか、はたまた支持者のステファンはマヤを押し倒そうとするものの逆ギレされて泣きながら謝るとか、かなり多くのマイナスイメージが盛り込まれています。特に確認していませんが、明らかに監督や脚本家はアンチ民主党なのだと思われます。

上記のようなことに加えて、映画の出だしのEUサミットに反対するイェーテボリ暴動の映像とか、マティアスがマヤに話す消費社会に対する嫌悪とか、かなり政治色の濃い映画なのなのかもしれませんが、グスタフソン誘拐の場面はおまけみたいな感じだし、マティアスがマヤに政治的信条を説明するシーンも唐突だし、個人的にはマヤのバカ女っぷりばかりが目について、《また最近の若者は…》的な映画に見えてしょうがないです。マティアスが請求された金を払わないことと Babylonsjukan(バビロン病?)の関係はとうとう理解できませんでした。トホホ…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

オール・アバウト・アンナ (2005)

All About Anna (2005)

オリジナルタイトル:All About Anna

日本語タイトル:オール・アバウト・アンナ

監督:ジェシカ・ニールセン Jessica Nilsson

製作国:デンマーク

上映時間:91分

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

あらすじ

仕事の上でも充実している都会的な女性アンナは理想の男性ヨハンとつきあっていたのだが、彼が船で旅に出たまま音信不通になってしまった。しばらくは悲しみに暮れていたアンナだったが、恋に仕事に自分の人生を楽しむことを決意する。数年が経ち、理想には少し足りないものの新しい恋人も見つけ、住むところも変えてこれからの人生を謳歌しようとした矢先に、運送業者として働いているヨハンと再会する。

ひとくちコメント

  • エロティック・ラブロマンス
  • ラース・フォン・トリアーなどにより設立されたプロダクションである Zentropa がポルノのジャンルに進出し、女性向けのポルノ映画シリーズとして製作したもののひとつ。
  • デンマークのエロティック専門のポータルサイト Side6 が2007年にスカンジナビアのアダルト映画を対象におこなった、スカンジナビアン・アダルト大賞(Scandinavian Adult Award)の3部門で受賞。(ベスト・カップル・フィルム、男優賞、ベスト・セリング・スター)
  • ポルノとは言っても、よくあるラブロマンスものに、ちょっと長めのセックス・シーンが挟まる程度。リアルなセックス・シーンのあるセックス・アンド・ザ・シティ(2008) みたいな感じか…
  • 劇場公開用ではなく、元々DVDで発売された。初めて難聴者用の字幕がついたデンマークのポルノDVDだったとのこと。
  • 4部構成(ということみたい。あまり分ける意味は感じず)
  • フランスでのシーンで2、3語フランス語が出てくる以外は全編英語。国際市場狙い?
  • 常に音楽がなり続ける。ちょっとしつこい感じも。
  • リアリズムを追求するため(!? らしい…)、ストーリーの冒頭のセックス・シーンは、主演のグリ・バイが当時実際に住んでいたアパートで撮影が行われたとのこと。
  • 一般映画の俳優さんがほとんどだが、なぜかフランス人の女の子ゾフィだけは本職のポルノ女優が演じている
  • 主人公のアンナを演じるグリ・バイは、歌手としての活動も行っている。この映画によりセクシー女優として有名になる。

追記

現代の都会で働く活動的な女性とは恋人との性生活は切り離せないものだろうし、たしかに製作者側が言うように “セックス・シーンを取ってしまうとドラマが破綻する” ということもあるかもしれませんが、なり続ける音楽や多用される幻想シーンのためか、そこまでリアリズムを感じられず、本当にこの映画に Unsimulated sex (英語ではこう表現するらしい)が必要だったかどうかまではよくわかりません。60年代から70年代にかけて、この Unsimulated sex シーンのある一般映画が北欧ではたびたび製作されて来ているようですし、そこまで疑問に思う必要もないのかもしれませんが。。。
それよりも「女性向けのポルノ映画」というものが本当に存在するのかどうか、あるいは、存在するとしたらそれはどのように存在できるのか… その辺りがまだよくわかりません。長年放っておいてしまっているジェンダー/セクシャリティ関係の教科書をもう一度あたってみようと思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

  

Kukkia ja sidontaa (2004)

Kukkia ja sidontaa (2004)

原題:Kukkia ja sidontaa

English Title:Flowers and Binding

監督:Janne Kuusi

上映時間:107 分

製作国:フィンランド

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

小さな田舎街でソーセージ工場を経営するユルキは女に目がなく、あちこちに手を出しているが、街の住人もそのことを知っており、妻のギッタも嫌々 ながらそれを黙認している。一方ユルキの工場で働いているアリは妻と別れ家を出て、その目と鼻の先で新しい彼女と生活をはじめる。ある日自分の彼女にユルキが手を出そうとしていたことを知ったアリは、仕事仲間のオスモとユルキのところへ乗り込み、彼を打ちのめす。。。

ひとくちコメント

  • コメディ&ラブロマンス&サスペンス
  • いきなりソーセージ工場の豚の解体のシーンから始まって、映像がちょっとえげつなかったりするが、基本的にはコメディ調。
  • 小さい街の出来事ながらも、というより、小さい街だからこそ人間関係が複雑。それぞれの住人が心に一物持っている。
  • とかくこのような小さな街では、住人の間にどろどろとした情念が渦巻くものなのかもしれない。
  • 狭い世界で生きる人々の中では、外の世界を放浪してきた者が異質なものになる。
  • 結局、街の有力者には簡単に逆らえないということか・・・
  • 冒頭のソーセージ製造工程の映像は、見方によってはちょっと気持ち悪いが、なかなか興味深い。ソーセージってこんな風に作られるものだったのか。。
  • 現代の物語なのだが文明をあまり感じさせない。しかしここでも金銭に対する欲望はしっかりあるようだ。
  • 後半に行くほどサスペンス調になり緊張感を高める。

追記

奇麗な女の人やかっこいい男が出てくる訳でもなく、小さな街の奇妙な人間関係を描く前半部分を観ているうちは、ただの田舎の風景を描いたカントリー映画か とも思っていましたが、サスペンスタッチのラブロマンス映画でした。もっともハリウッドもののサスペンスとは、決着の付け方がかなり違いますが。。。

DVD情報

Ads by Sitemix