Sauna (2008)

Sauna (2008)

オリジナルタイトル:Sauna

UK DVD Title:Evil Rising

監督:Antti-Jussi Annila

上映時間:83 分

製作国:フィンランド | チェコ

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

時は1595年。長年続いてきた戦争が終わり、新たな国境策定のためにスウェーデンとロシアの使節が共同で調査をしながら、人里離れた湿地帯を北へ向かっていた。スウェーデン側の特使はエーリクとクヌートの兄弟。彼らはロシアの特使と合流する直前に、兄のエーリクはある住民を惨殺し、弟のクヌートはその住民の娘を食料庫に閉じ込めて来ていた。調査を進めながら湿地帯を進むうちに、クヌートは自分が閉じ込めて来た娘の亡霊を見るようになってしまう。その娘を助けにいくようにエーリクに訴えるクヌートだが、エーリクは聞き入れない。そんなとき、だれも住んでいるはずのなかった大きな湿地帯の真ん中に、知られていない村を発見する。

メモ

  • 時代劇ホラー
  • フィンランド産のチャイニーズ・ファンタジー・アドベンチャー Jadesoturi (2006) [英題:Jade Warrior]を撮った Antti-Jussi Annila 監督の2008年の作品
  • 1595年と言えば、日本では江戸時代直前。
  • リヴォニア戦争とロシア・スウェーデン戦争で戦った両国の戦争直後
  • 16歳から戦場に出ていたエーリク。残忍な彼は戦争しか知らないようすで、戦場で72個の罪を犯したとつぶやく。
  • 地理学者のクヌート。地図を作っている。日本で言えば伊能忠敬?
  • 昆虫や植物に興味のあるロシアの特使セメンスキー。調査の道中に標本を集めている。
  • 劇中セメンスキーがエーリクに見せる Saunakukka (Sauna flower) とは、学名が Tripleurospermum inodorum と言い、カモミールの一種らしい
  • スウェーデンとロシアの間に挟まれた、歴史的に微妙な地域であるカレリア地方
  • ルーテル派とロシア正教
  • 「方位磁石は嘘をつかない」(エーリク)
  • フィン人は人が誕生したとき、死んだときにサウナで洗い清め、また人が犯した罪も清めることができる、、、とのこと
  • 村にただ一人の子供。男の子のような女の子。
  • 舞台となる地域に関する地名がいろいろ出てくるが(Kaatamo、Päiväkivi 等)、細かい場所は見つけられなかった。だいたいこの辺か…(Kaatamo 地方、グーグルマップ参照

コメント

Jホラーで言えばリング (1998)呪怨 (2002) を合わせたような作品で、映画を通して重苦しい雰囲気が続きます。陽の高い時間帯でも人気のない不気味な湿地帯の見せ方は、なかなか怖いものがあります。罪とは何かなどと考えさせられながら終盤まで押さえた表現で恐ろしさをじわじわと盛り上げていくので、驚愕のラストにはショックも倍増です。

ただ、北欧の歴史や宗教観等に詳しくない人にとって、ストーリーの背景や登場人物の行動を理解するのは難しいかもしれません。かくいう私も一度見ただけではよくわからないところが少なくありませんでした。もっとも、こういう映画を見ることで新しい知識を得ることができるというのも、北欧映画を見る楽しみの一つなんですけどね。

カウリスマキの映画でとぼけた演技を見せるカティ・オウティネンも出演しており、不気味な雰囲気をかき立てます。もともと見た目は怖そうなおばさんなので、こういう映画に登場されると夢に出てきそうでよけい怖いです。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Villmark (2003)

Villmark (2003)

オリジナルタイトル:Villmark

International English title:Dark Woods

監督:Pål Øie

上映時間:85 分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

テレビ局のリアリティショーのスタッフは、新たなショーのためのロケ地探しをかねて、まず自分たちが外界から隔絶された森の中で数日生活すること になった。ボスのギュンナーはメンバーの携帯やタバコなどを取り上げ、古い山小屋の中での生活を強いる。森の中へ食料を探しに出たメンバーだったが、湖の ほとりに人気のないテントを発見したラッセとペールは、さらにロープにつながれて湖に沈んでいた女性の死体をも発見する。

ひとくちコメント

  • ホラー/スリラー
  • Pål Øie 監督の長編第1作。
  • ホラーと言っても残酷なシーンや派手なアクションは全くなし。
  • その名(タイトル)の通り暗くて不気味な森
  • 全編現代社会から隔絶された森の中で、登場人物はきわめて少ない。
  • 森の静けさが、さらに恐怖感をあおる
  • ロケ地は、ノルウェーで最大のフィヨルドであるソグネフィヨルド沿いに位置する Kaupanger(グーグルマップ参照

追記

都会に生きるものたちが森の中の山小屋にこもり、そこで恐ろしいことが彼らを襲う・・・というのは、13日の金曜日 (1980) などにも見られるような、これまでのホラー映画にもよくある設定のような気もしますが、森林がいろんな面で重要な位置を占めると言われるノルウェーという 国の映画だけに、その森が単なる社会から隔離された場所であるだけでなく、暗闇の中の木々の怪しい雰囲気や静けさの中のかすかなノイズ、そしてその森とい う自然の中に突然現れるテントという人工物の不気味さなど、森自体が恐怖を生み出す対象になっているのかもしれません。

DVD情報

 

フロストバイト (2006)

Frostbiten (2006)

オリジナルタイトル:Frostbiten

English title:Frostbitten

日本語タイトル:フロストバイト

監督:アンダシュ・バンケ Anders Banke

上映時間:98 分

製作国:スウェーデン | ロシア

日本公開:2007年7月(配給:LIBERO)

公式サイト:フロストバイト [FROSTBITEN] – Official Web Site

予告編

あらすじ

この町に引っ越してきたばかりの女医アニカと17歳の娘サガは、いつの間にか氷雪と血にまみれた世界に放り込まれたことを知る。幾つもの謎をはらみつつ、ひとり、またひとりと、人間がヴァンパイアと化し、町は恐怖のどん底に叩き込まれた…。(公式サイトより)

ひとくちコメント

  • ヴァンパイアもの。コメディタッチも含んだホラー
  • ハリウッドの学園ホラー風。軽妙なテンポ。
  • ロッタちゃん(グレーテ・ハヴネショルド)が見事に成長
  • 舞台はスウェーデン北部の街カリクス(Kalix)。といっても、暗くて街並みがほとんど見えないのが残念。。。
  • ラストは数通りの解釈が可能か・・・

追記

同じくスウェーデンのヴァンパイアもの『ぼくのエリ 200歳の少女』が日本でも公開されましたが、個人的には北欧の冬にヴァンパイアものは似合うと思います。日が昇ることが少ないし、なんといっても雪の白 さに血の赤い色が映えます。『ぼくのエリ・・・』ほどシリアスな見せ方ではありませんが、通常のヴァンパイアもののように全ての被害者が受け身ではなく、 能動的に錠剤を飲むことで(意図的ではないのですが)みずからヴァンパイアになってしまうといったような面白い点も見られました

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

  

Ads by Sitemix