Eläville ja kuolleille (2005)

Eläville ja kuolleille (2005)

オリジナルタイトル:Eläville ja kuolleille

English Title:For the Living and the Dead

監督:Kari Paljakka

上映時間:95分

製作国:フィンランド

日本劇場未公開

あらすじ

ヤッコの次男マッティが自宅の前に止めていた車の火事で死んでしまう。妻のマリヤが悲しみに暮れる中、ヤッコは火事が自分のせいだと責め始める。マッティの死以前の平凡な生活に戻ろうと努力するヤッコ、マリヤ、そして長男のティモだったが、ことあるごとに火事の記憶が家族全員を苦しめる。

メモ

  • 自らの体験をもとにした Gösta Karf の著作 En junisöndag kvart över tolv の映画化
  • 向かいの家に住むヤッコの父親
  • 両親の安全を電話で確かめるために、毎朝20セントを手に学校へ行くティモ
  • 休み時間に父親に電話するために先生に許可を求めるティモ
  • ティモへのクリスマスプレゼントはレゴ
  • 死んだ息子の苦しみを自分も体験しようと試みるヤッコ
  • この映画の舞台となっている町はカーリス(Karis [sv], Karjaa [fi])だが、映画の元になった事件が起こったのはヤコブスタード(Jakobstad [sv], Pietarsaari [fi])らしい。(各リンク:グーグルマップ)
  • チョイ役でカティ・オウティネンやマルック・ペルトラも登場
  • エンドロールでアキ・カウリスマキへの謝辞

コメント

こういうのをPTSDと言うんですかね? 子供の死によっておかしくなり、そこからなんとか普通の生活に戻ろうと苦しむ家族の物語。事故や病気で死んだ子供の父親や母親、あるいはその両方がおかしくなることを描いている映画も少なくないと思いますが、これが戦時下や貧困に喘ぐ家庭の場合だったりするとまた違った物語になってしまうとも思われます。

マッティを失った苦しみから立ち直ろうとする家族の心理描写が続きますが、個人的にはその家族の背景に描かれるものに興味を覚えるました。主人公ヤッコの家のこぎれいな家の無機質さ、妻マリヤの姉やティモの学校の先生たちの妙な冷たさが目についたりしますが、これらをヤッコの家族の異常な状態が前面に出た時の背景として捉えてしまうからでしょう。おそらくヤッコの家庭はもともとはフィンランドの地方都市に生きる平凡な家族であり、このストーリーがマッティの死に至る事件以前の状態に戻ろうとする家族の物語であることを考えると、その背景にあるものも実は平凡な日常であり、そういう意味では一般的なフィンランドの家庭の生活を見ることができる映画なのかもしれません。

監督の Kari Paljakka は1985年に起こった Gösta Karf の事件について報道するテレビを20年前に見て以来この家族に関して興味を持ち続け、Karfの家族全員への取材を行いながらシナリオを書いたそうです。この物語に長年執着してきた理由のひとつには、監督自身も以前2人の兄弟を事故で失っており、この映画を製作することで兄弟を失った時の両親の苦しみを理解しようとしたのではないかと、インタビューの中で振り返っていました。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

Uno (2004)

Uno (2004)

オリジナルタイトル:Uno

監督:アクセル・ヘニー Aksel Hennie, John Andreas Andersen

上映時間:103分

製作国:ノルウェー

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

ダウン症の弟や末期ガンの父親を抱えた家族のことが気になりながらも、その家族と距離を置いて生きているダヴィッドはオスロのスポーツジムで働いている。そのジムを経営するヤーレは、ステロイドを闇で売っていたり、ジムにピストルを持ち込んだりする問題の多い自分の息子よりもダヴィッドを信頼している。ある日ダヴィッドの父親が危篤状態に陥り、一度は病院に駆けつけたダヴィッドだったが、病院で父親に付き添うために仕事を休もうとジムに伝えにいくと、そこには警察の手入れが入っていた。ステロイドとピストルを発見した警察はそれらを押収する。警察で押収物の所有者について取り調べが行われ、最初は証言を拒んでいたダヴィッドだったが、父親のいる病院行くためにそれらがヤーレの息子のものであることを白状してしまう。

メモ

  • オスロで生活する若者のドラマ
  • 俳優として活躍するアクセル・ヘニーの初監督作で、Naboer (2005)Upperdog (2009) などでも活躍するカメラマンの John Andreas Andersen が共同で監督を務めている。
  • 自宅のあるアパート地下の物置で寝起きするダヴィッド
  • 友人のモルテンといっしょにビデオを見るダヴィッド。見ているのはプッシャー (1996) でフランクが裏切ったトニーをバットで半殺しにするシーン
  • そして、、、バットを隠し持っていたヤーレ。こわい。
  • ヤーレの息子ラースと付き合いのあるパキスタン系のグループ。結束が固い。

コメント

Jonny Vang (2003) で長編初主演して Buddy (2003) でブレイクしたアクセル・ヘニーがとうとう監督までやっちゃた、、、という作品。しかし、Buddy という映画はヘニーだけでなく、今回もモルテン役で出演している Nicolai Cleve Broch とか、Nord (2009) で主役の Anders Baasmo Christiansen とか、今になって考えてみればすごい人達が出てた映画ですねー。

ナチスが最も恐れた男 (2008) のマックス・マヌス役で日本にも登場したアクセル・ヘニー監督は10代の頃にタギング(落書き)のグループに所属していて、ノルウェーでは落書きの罪で初めて起訴された人間だそうで、そのとき逮捕されたあとグループから閉め出された経験がこの映画のストーリーの元になっているとのことです。友情とか裏切りとか、いろんなものが絡み合うなかで、ダウン症の弟の世話をしたり父親の最期を看取ったり、主人公ダヴィッドのやりきれない人生が描かれていきます。

Uno とは言わずとしれたカードゲームのウノのことで、あるコミュニティのなかでひとりぼっちになった状態のことをこのウノに掛け合わせているのだと思われます。ダヴィッドは仲間たちから閉め出され悩み苦しみます。そして、そのコミュニティから出て一人で生きていくことを決断したときに「ウノ」と宣言するがごとく決死の行動に出ますが、結局ゲームに勝利したのか敗北したのかはこの映画を見る人の見方しだいのような感じです。

一つ気になったのは、重要な女性の登場人物はダヴィッドの母親ぐらいで、かなり男臭い映画だったこと。ヘニーが監督として女性をどう描くかも次回は見てみたいところです。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Babylonsjukan (2004)

Babylonsjukan (2004)

オリジナルタイトル:Babylonsjukan

English Title:Babylon Disease

監督:ダニエル・エスピノーサ Daniel Espinosa

上映時間:90 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

抜粋

YouTube Preview Image

あらすじ

夏のある日、オッレが6週間の予定でインドに旅立とうとする。オッレのアパートに住んでいた恋人のマヤは、オッレが戻ってくるまでアパートを出なければならない。オッレは友人のマティアスに、マヤをしばらく住まわせてくれるよう頼み旅立ってしまう。マヤは仕方なくマティアスのアパートに転がり込むが、そこは毎日フラフラしている若者たちのたまり場で、アパートは散らかり放題。マティアスは台所にマヤのベッドを準備していた。かくしてマヤのマティアスのアパートでの生活が始まった。

メモ

  • 現代のスウェーデンの若者を描いたドラマ
  • イージーマネー (2010) で日本でも知られるようになったダニエル・エスピノーサの2004年の作品
  • 地下鉄の検札に止められるマヤと友人のポーリン
  • トイレットペーパーの代わりに電話帳
  • 高級な暮らしのポーランド移民のポーリン
  • ポーリンの家からトイレットペーパーを拝借しようとするマヤ
  • マヤとポーリンがレンタルするビデオはイングリッシュ・ペイシェント (1996)
  • 政治的な話題を嫌うマティアス。
  • ハンバーガーショップでバイトするマヤ
  • 食料とアルコールを求めて政治家のパーティに潜り込むマヤたち
  • スウェーデンのレゲエミュージシャンであるティンブクトゥの音楽
  • マティアスのアパートの場所は、ストックホルム、セーデルマルムの西に位置する Hornstull(グーグルマップ参照
  • 政治家ニクラス・グスタフソンを誘拐し、Skärholmen に置き去りにする計画を話すラミロ。ストックホルム郊外の Skärholmen は60年代から70年代にかけて建設された集合住宅地区で、移民がおおく住む地区らしい。(グーグルマップ参照
  • ジョニーデップに似ていると主張するラミロに対して、Ulf Lundell に少し似ているというマヤ。Ulf Lundell は70年代にデビューしたスウェーデンのボブ・ディランとも呼ばれたロックシンガーで、様々な分野の人間と論争をしてきた人らしい。

コメント

監督のダニエル・エスピノーサはこの映画の公開当時が27歳で、脚本の Clara Fröberg も24歳と、映画に登場する人物たちとほとんど同じような年代で、望遠を多用したドキュメンタリー風の映像でもあるし、彼らのよく知っているスウェーデンの若者のリアルな人生を描いたと言えるのかもしれません。映画の中に登場する政治家グスタフソンが所属する政党であるNS(「新しいスウェーデン党」とでも訳す?)は移民排斥を主張しており、どう見てもスウェーデン民主党のことのようです。そのグスタフソンが痔の手術をするとか、麻酔のさめてきた手術後に朦朧としてよだれを垂らしているとか、はたまた支持者のステファンはマヤを押し倒そうとするものの逆ギレされて泣きながら謝るとか、かなり多くのマイナスイメージが盛り込まれています。特に確認していませんが、明らかに監督や脚本家はアンチ民主党なのだと思われます。

上記のようなことに加えて、映画の出だしのEUサミットに反対するイェーテボリ暴動の映像とか、マティアスがマヤに話す消費社会に対する嫌悪とか、かなり政治色の濃い映画なのなのかもしれませんが、グスタフソン誘拐の場面はおまけみたいな感じだし、マティアスがマヤに政治的信条を説明するシーンも唐突だし、個人的にはマヤのバカ女っぷりばかりが目について、《また最近の若者は…》的な映画に見えてしょうがないです。マティアスが請求された金を払わないことと Babylonsjukan(バビロン病?)の関係はとうとう理解できませんでした。トホホ…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix