Bjarnfreðarson (2009)

Bjarnfreðarson (2009)

オリジナルタイトル:Bjarnfreðarson

English Title:Mr. Bjarnfreðarson

監督:Ragnar Bragason

上映時間:105分

製作国:アイスランド

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人の罪による禁固10年の判決で服役していたゲオルグ・ビャーンフレダルションは、模範囚ということで半分の5年で出所することになる。ひさびさに生まれ育った家に戻ったゲオルグだったが、アイスランドでも有名なフェミニスト思想家の母親は受け入れてくれない。住むところのないゲオルグは、かつてガソリンスタンドやホテルで働いていたときの同僚で、表向きは医者になるために大学に通っていることになっているダニエルの家に転がり込む。そこにはダニエルとともにいっしょに服役した同じ職場の同僚オラフルも居候していた。

メモ

  • コメディ
  • 出所したくないゲオルグ。以前の囚人の暴動を主導したと主張する
  • レーニン風の風貌にゲバラの帽子
  • ママと呼ばせないゲオルグ少年の母親
  • アイスランドでも犯罪歴のあるものは職に就くのが難しいようだ
  • ダニエルが図書館でゲオルグの子供の頃に関する新聞記事を発見。まったく関係ないが、その記事の横に日本人によるシシャモ売買の記事が…
  • 共産主義者の祖父と社会主義者の母
  • サンタクロースはアメリカ消費社会のシンボル。クリスマスを祝うのは家族のためであって資本家のためではない。
  • オロフ・パルメ(暗殺された元スウェーデン首相)が父親だと信じ込むゲオルグ少年

コメント

Næturvaktin (2007)

アイスランドで大人気のTVシリーズ3部作 Næturvaktin (2007)Dagvaktin (2008)Fangavaktin (2009) の結末的物語を描いた作品。アイスランドでの公開週の週末にはアバター (2009) 以上の動員を記録したとのこと。これらのTVシリーズを見ていなくてもそれなりに笑えるコメディですが、やっぱり見ていなければわからない部分もあるんだろうなとも思います(オラフルがFMラジオ放送で話しているのは、TVシリーズ内で描かれたゲオルグの話がらしい)。もとは3人のキャラクターを描くTVシリーズを2時間弱の映画におさめる際に、3人すべてのキャラクター説明に時間を割くことも難しいとも思われ、主人公を1人に絞ることになるのは必然かもしれません。他の2人も個性の強いキャラクターなので「?」となる部分が多少あるのは仕方がないことなのかもしれません。

Næturvaktin
YouTube Preview Image

Dagvaktin
YouTube Preview Image

Fangavaktin
YouTube Preview Image

この作品ではその3人のうちの1人、ゲオルグ・ビャーンフレダルションのエキセントリックな共産主義思想がどのように出来上がったのかについて、彼の子供時代の回想を交えながら描かれます。ゲオルグの母親と祖父はともに極端な思想の持ち主で自分たちの思想をゲオルグに押し付けるわけですが、その母親と祖父の間にも思想の違いが見られます。祖父がスターリニズム的傾向が見られるマルクス・レーニン主義なのに対して、母親のビャーンフレドゥルはフェミニズム活動家としての社会主義思想の傾向が見られ、スウェーデンに関する見解などで対立していたりします。これは祖父と母との育った時代の違いによるものかもしれませんが、基本的には祖父から母へ受け継がれた反資本主義思想がもとにあり、それがゲオルグにも引き継がれています。母親とゲオルグの関係を見てみると、祖父から母への思想の受け継ぎも恐らく強制されたものであり、このような親からの強制された人生というものが代々医者であったダニエルの家族の物語に重ねられていき、全体的にはその強制から逃れようとする人達の物語になっているようです。

改めて見てみると、世界恐慌以降、社会民主主義(大きな政府)勢力の強い他の北欧の国に比べて、アイスランドでは自由主義(小さな政府)勢力の方が優勢だった期間が長いようで、イデオロギー的側面の映画内での現れ方が他の北欧諸国と違うアイスランドに特有なものがあったりするのかもしれません。また、オロフ・パルメを自分の父親だと信じ込んだゲオルグ少年が自分の名字を変え、しみじみと「ゲオルグ・オロフション」とつぶやくところなどはかなりアイスランド的な場面だと思われます。

なお、元になったTVシリーズがアメリカでリメイクの準備が進められているようですが、キャラクターの設定が大きく変わってしまうとのこと。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Zero. Alyvine Lietuva (2006)

Zero. Alyvine Lietuva (2006)

オリジナルタイトル:Zero. Alyvine Lietuva

English Title:Zero. Lilac Lithuania

監督:Emilis Vėlyvis

上映時間:82分

製作国:リトアニア

日本劇場未公開

オープニング

YouTube Preview Image

あらすじ

妻に会うために逃げてきた脱走兵。女に売春婦を装って男を誘わせ、引っかかった男から金を奪うジャンキー集団。マフィアからの借金がかさみ、いよいよ自分の身が危なくなってきた悪徳葬儀屋。彼らの行動がどこかで絡み合っていく。

メモ

  • クライムコメディ
  • ドイツ人のケツは骨付き肉。リトアニア人のケツは?
  • ルーレットで1,000 LTL(≒ 289.62 EUR)を赤に賭ける葬儀屋(1 EUR = 3.4528 LTL)
  • 「Kalvarijų マーケット(Kalvarijų turgus)ではもっといいものが手に入る」ヴォフカがカーオーディオを売りつけようとしたときに言われる言葉。Kalvarijų マーケットはヴィリニュスの蚤の市で、様々なリトアニアのものを買えるところとして旅行者にも有名らしい。(グーグルマップ参照
  • 「KING OF PORNO」と胸に書かれたTシャツを奪う脱走兵

コメント

パルプフィクション (1994) と同じタイプのクライムコメディで、登場人物たちの行動がいろんなところでつながっていきます。映画内の時間をずらしてストーリーをつなげていく手法はキューブリックの現金に体を張れ (1956) 以来たまに見かけますが、「こういうことだったのか!」という感覚を味あわせるための伏線のはり方と、全体のテンポが重要だと個人的には考えてます。その点ではこの作品は十分に楽しめる作品でしたが、パルプフィクション同様、チンピラ的な登場人物が多いストーリーではスラングだらけだったりして、馴染みのないリトアニア人のジョークなんかも私みたいなバリバリの日本人にはちょっと難しかったです。とりあえず、逝きまくってる登場人物たちのトラブル続きで抜け道のない人生については結構笑えました。

関連記事、サイト、ブログ等

フレッシュ・デリ (2003)

De grønne slagtere (2003)

オリジナルタイトル:De grønne slagtere

English Title:The Green Butchers

日本語タイトル:フレッシュ・デリ

監督:アナス・トマス・イェンセン Anders Thomas Jensen

上映時間:100分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

店主のホルガーに嫌気がさしたスヴェンとビャーンは勤めていた肉屋を辞め、自分たちで新たな肉屋を開店する。開店初日に客は一人も来ない。落ち込んだスヴェンは、配線の修理作業をしていた男を肉の貯蔵庫に閉じ込めてしまったことにも気づかずに帰宅してしまう。

メモ

  • ブラックコメディ
  • 子供の頃はいじめられっ子で、自分に自信が持てない汗かきのスヴェン
  • 7年前の事故で植物人間になった双子の弟アイギルを避けるビャーン
  • 冬は葬儀屋が忙しい
  • 公園にいた小さなスウェーデン人
  • 新婚旅行のとき飛行機事故で山の中に墜落し、新婦を食べて生き残った牧師
  • 毎年220人のデンマーク人が失踪している… らしい
  • Levnedsmiddelkontrollen の調査が入る。保健所の調査員みたいなもの?
  • ビャーンへ贈る花束を持って現れるスヴェン
  • アイギルのことを Brille abe(メガネザル?)とバカにするスヴェン

コメント

脚本家として活躍するアナス・トマス・イェンセンの長編2作目の監督作品。ミフネ (1998)しあわせな孤独 (2002) などのドグマ95の映画作品のシナリオも手がけていますが、彼の監督作品はある意味ドグマの対極にあるような映画なので、この作品はドグマ映画を受けつけない人でも楽しめる映画だと思います。時代描写や田舎町のようすが曖昧に描かれ、雰囲気としてはシザーハンズ (1990) みたいな感じかな… 日本で出てるDVDの意味不明なパッケージを見て驚いてしまいましたが、少なくともホラー映画ではないです。そして他のイェンセン作品の例に漏れず、これまた奇妙なキャラクターたちの描き方は秀逸でした。

肉を食べることには殺害とか解体とかがついてまわるにも関わらず、私たちが普段目にしない世界としてそのことを直接目の当たりにさせる映画だったり、そのような肉屋の裏で行われているミステリアスなことを描く映画もいろいろありますが、それに加え殺人や人肉食などショッキングな内容がストーリーに絡んできながらも、コメディとしてほとんど血液を見せないような描き方というのもなかなかすごくて、血液自体が笑いのもとになってたりストーリーの中の重要な要素になってたりする他のイェンセン作品には見られないものでした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix