Fatso (2008)

Fatso (2008)

オリジナルタイトル:Fatso

監督:Arild Fröhlich

製作国:ノルウェー

上映時間:90分

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

デブっちょのリノは気になる女の子とろくに話すこともできず、スーパーで買い込んだ果物などを使って *** に励む毎日。唯一の親友であるフィリップとは、ビールを飲みながらバカ話をするしかない。女の子の姿を夢に追いながら、その気持ちを自ら描くマンガにぶつけながら悶々とした日々を送っていた。ある日リノの父親が、勝手にリノのアパートの開いている部屋を他人に貸したことを告げにくる。人には言えないような生活を送っているリノは、よけいな面倒がころがりこんだと落ち込むしかなかったが、そこに現れたのは若くて行動的なスウェーデン人の女の子のマリンだった。

ひとくちコメント

  • コメディ。おバカ映画。
  • ザ・クロス エクソシストの闇 (2009) にも出演しているヨセフィン・ユングマンが、マリンを演じる。アーン 鋼の騎士団 (2007) にも出ていたらしいのだが。。。さてどこだろ…
  • これまた勉強が足りないが、ノルウェー語とスウェーデン語の違いによる笑いがあるものと思われる。
  • ところどころ、リノが描いたマンガのアニメーションがはさまれる。内容はかなり下品。
  • 「男女が同じ家に長く住んでいると、、、そういう関係になる(フィリップ理論)」にわずかな期待をかけるリノ
  • 冷蔵庫で下着を冷やすマリン。チーズの匂いが染み付いたとその下着を臭わされるリノ。
  • リノのことはお構いなしに、アパートに男を連れ込むマリン
  • フレッシュライトをプレゼントするフィリップ
  • Fittmus!(綴りは自信なし) リノがマリンに浴びせかける罵倒語。意味がよく分からず。
  • パーティで居場所のないリノ
  • リノの父親を演じたのは、リノを演じた Nils Jørgen Kaalstad の実の父親らしい。
  • ラストシーンからエンディングクレジットのバックのショットはなかなか衝撃的

追記

恋愛経験のないオタクな男がかわいい女の子と行動するとどうなるか、、電車男 (2005) などと同じ系統のコメディだと思います。ただこちらの方はもっと直接的で、マリンと知り合う前からリノは女の子とのセックスを夢見て来ており、そこに西欧に典型的(ステレオタイプかもしれませんが…)な開放的な男女が絡んで来て、よりカオスなストーリー展開になっているんじゃないでしょうか。基本的には、ある世界に生きる人間と別の世界に生きる人達との摩擦が生み出す事件をストーリーにしたものなんでしょう。日本ではあまり馴染みのないもので、フラットシェアとかパーティとか西欧にはよく見られますが、リノのような人物がそんな世界で生きていくのはたいへんだと思います。

リノといっしょに住むことになるマリンですが、女性経験のないリノに対して扇情的な行動をとり、無邪気と言われればそれまでですが、リノでなくてもいらぬ妄想を抱いてしまうことでしょう。リノの方にもかなりの変態志向があり、人物設定が極端に思えるところがありますが、その辺からコメディが生まれてくるのかもしれません。ただやっぱりこれは、リノの世界に生きる人ではなく、普通の世界に生きている(と言われる)人間から見た、女性経験のない男性の世界を描いた映画なのだと思います。

DVD情報

Astrópía (2007)

Astrópía (2007)

オリジナルタイトル:Astrópía

English title (US):Dorks & Damsels

監督:Gunnar B. Gudmundsson

上映時間:93 分

製作国:アイスランド | イギリス | フィンランド

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

家事など全く縁のないゴージャスな暮らしを満喫してた女性ヒルドゥルだったが、ボーイフレンドのヨッリが突然逮捕されて刑務所に入ることになり、 住むところも失い友人の家に転がり込む。友人の家では家事の手伝いもできず、金にも困りだしたこともあり仕事を探すことになる。セレブのように生きる意外 なんの取り柄もない彼女に合う仕事がなかなか見つからなかったが、友人の一人息子と一緒に行ったオタク・ショップで雇われることになり、そこでロールプレ イング・ゲームのコーナーを担当することになる。

ひとくちコメント

  • ファンタジック・コメディ
  • 2003年ミス・アイスランドのラグンヒルドゥル・ヨンスドティル主演。
  • アイスランドのオタクの世界が描かれる。ゲーム、ホラー映画、マンガ、スターウォーズなどなど
  • リアルな世界がマンガのコマの中に描かれる表現。。。
  • ロールプレイング・ゲームに目覚める主人公。そしてリアル・ワールドとロールプレイングの境界があいまいに。。。
  • ロマンス小説が好きな主人公が呼んでいる本の著者は ジョーン・ワイルダー。これはロマンシング・ストーン/秘宝の谷 (1984) でキャスリン・ターナーが演じた小説家の名前。
  • オタクショップの店員フロキが小さな子供スノッリに教育ビデオと称してプレゼントするDVDのタイトルは、エクソシスト (1973)、シャイニング (1980)、ブレインデッド (1992)、ポルターガイスト (1982)、ロスト・ハイウェイ (1997)、デビルズ・バックボーン (2001)、バッド・テイスト (1987)、クジョー (1983)

追記

ロールプレイングの世界がファンタジックな映像として挿入されますが、ロード・オブ・ザ・リング (2001) などに比べるとなんともチープな作りで(比べる方がおかしいか!)、予算の問題というより、一般人からみたオタクな世界をコミックなイメージでとらえさせ る目的があるんじゃないかと思えてしまいます。オタク世界の描き方が中途半端なのか、筋金入りのオタクの国フランスでのこの作品の評判があまり良くないの が逆に笑えました。
そして、、、ロールプレイングをプレイする知り合いがるのですが、よく話に聞くだけでいまいちどういうものかイメージできていませんでした。この映画のおかげで何となく理解できたような気がします。(本当の姿は違うのかもしれませんが・・・)

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix