Eläville ja kuolleille (2005)

Eläville ja kuolleille (2005)

オリジナルタイトル:Eläville ja kuolleille

English Title:For the Living and the Dead

監督:Kari Paljakka

上映時間:95分

製作国:フィンランド

日本劇場未公開

あらすじ

ヤッコの次男マッティが自宅の前に止めていた車の火事で死んでしまう。妻のマリヤが悲しみに暮れる中、ヤッコは火事が自分のせいだと責め始める。マッティの死以前の平凡な生活に戻ろうと努力するヤッコ、マリヤ、そして長男のティモだったが、ことあるごとに火事の記憶が家族全員を苦しめる。

メモ

  • 自らの体験をもとにした Gösta Karf の著作 En junisöndag kvart över tolv の映画化
  • 向かいの家に住むヤッコの父親
  • 両親の安全を電話で確かめるために、毎朝20セントを手に学校へ行くティモ
  • 休み時間に父親に電話するために先生に許可を求めるティモ
  • ティモへのクリスマスプレゼントはレゴ
  • 死んだ息子の苦しみを自分も体験しようと試みるヤッコ
  • この映画の舞台となっている町はカーリス(Karis [sv], Karjaa [fi])だが、映画の元になった事件が起こったのはヤコブスタード(Jakobstad [sv], Pietarsaari [fi])らしい。(各リンク:グーグルマップ)
  • チョイ役でカティ・オウティネンやマルック・ペルトラも登場
  • エンドロールでアキ・カウリスマキへの謝辞

コメント

こういうのをPTSDと言うんですかね? 子供の死によっておかしくなり、そこからなんとか普通の生活に戻ろうと苦しむ家族の物語。事故や病気で死んだ子供の父親や母親、あるいはその両方がおかしくなることを描いている映画も少なくないと思いますが、これが戦時下や貧困に喘ぐ家庭の場合だったりするとまた違った物語になってしまうとも思われます。

マッティを失った苦しみから立ち直ろうとする家族の心理描写が続きますが、個人的にはその家族の背景に描かれるものに興味を覚えるました。主人公ヤッコの家のこぎれいな家の無機質さ、妻マリヤの姉やティモの学校の先生たちの妙な冷たさが目についたりしますが、これらをヤッコの家族の異常な状態が前面に出た時の背景として捉えてしまうからでしょう。おそらくヤッコの家庭はもともとはフィンランドの地方都市に生きる平凡な家族であり、このストーリーがマッティの死に至る事件以前の状態に戻ろうとする家族の物語であることを考えると、その背景にあるものも実は平凡な日常であり、そういう意味では一般的なフィンランドの家庭の生活を見ることができる映画なのかもしれません。

監督の Kari Paljakka は1985年に起こった Gösta Karf の事件について報道するテレビを20年前に見て以来この家族に関して興味を持ち続け、Karfの家族全員への取材を行いながらシナリオを書いたそうです。この物語に長年執着してきた理由のひとつには、監督自身も以前2人の兄弟を事故で失っており、この映画を製作することで兄弟を失った時の両親の苦しみを理解しようとしたのではないかと、インタビューの中で振り返っていました。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

 

Sauna (2008)

Sauna (2008)

オリジナルタイトル:Sauna

UK DVD Title:Evil Rising

監督:Antti-Jussi Annila

上映時間:83 分

製作国:フィンランド | チェコ

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

時は1595年。長年続いてきた戦争が終わり、新たな国境策定のためにスウェーデンとロシアの使節が共同で調査をしながら、人里離れた湿地帯を北へ向かっていた。スウェーデン側の特使はエーリクとクヌートの兄弟。彼らはロシアの特使と合流する直前に、兄のエーリクはある住民を惨殺し、弟のクヌートはその住民の娘を食料庫に閉じ込めて来ていた。調査を進めながら湿地帯を進むうちに、クヌートは自分が閉じ込めて来た娘の亡霊を見るようになってしまう。その娘を助けにいくようにエーリクに訴えるクヌートだが、エーリクは聞き入れない。そんなとき、だれも住んでいるはずのなかった大きな湿地帯の真ん中に、知られていない村を発見する。

メモ

  • 時代劇ホラー
  • フィンランド産のチャイニーズ・ファンタジー・アドベンチャー Jadesoturi (2006) [英題:Jade Warrior]を撮った Antti-Jussi Annila 監督の2008年の作品
  • 1595年と言えば、日本では江戸時代直前。
  • リヴォニア戦争とロシア・スウェーデン戦争で戦った両国の戦争直後
  • 16歳から戦場に出ていたエーリク。残忍な彼は戦争しか知らないようすで、戦場で72個の罪を犯したとつぶやく。
  • 地理学者のクヌート。地図を作っている。日本で言えば伊能忠敬?
  • 昆虫や植物に興味のあるロシアの特使セメンスキー。調査の道中に標本を集めている。
  • 劇中セメンスキーがエーリクに見せる Saunakukka (Sauna flower) とは、学名が Tripleurospermum inodorum と言い、カモミールの一種らしい
  • スウェーデンとロシアの間に挟まれた、歴史的に微妙な地域であるカレリア地方
  • ルーテル派とロシア正教
  • 「方位磁石は嘘をつかない」(エーリク)
  • フィン人は人が誕生したとき、死んだときにサウナで洗い清め、また人が犯した罪も清めることができる、、、とのこと
  • 村にただ一人の子供。男の子のような女の子。
  • 舞台となる地域に関する地名がいろいろ出てくるが(Kaatamo、Päiväkivi 等)、細かい場所は見つけられなかった。だいたいこの辺か…(Kaatamo 地方、グーグルマップ参照

コメント

Jホラーで言えばリング (1998)呪怨 (2002) を合わせたような作品で、映画を通して重苦しい雰囲気が続きます。陽の高い時間帯でも人気のない不気味な湿地帯の見せ方は、なかなか怖いものがあります。罪とは何かなどと考えさせられながら終盤まで押さえた表現で恐ろしさをじわじわと盛り上げていくので、驚愕のラストにはショックも倍増です。

ただ、北欧の歴史や宗教観等に詳しくない人にとって、ストーリーの背景や登場人物の行動を理解するのは難しいかもしれません。かくいう私も一度見ただけではよくわからないところが少なくありませんでした。もっとも、こういう映画を見ることで新しい知識を得ることができるというのも、北欧映画を見る楽しみの一つなんですけどね。

カウリスマキの映画でとぼけた演技を見せるカティ・オウティネンも出演しており、不気味な雰囲気をかき立てます。もともと見た目は怖そうなおばさんなので、こういう映画に登場されると夢に出てきそうでよけい怖いです。。。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Miehen työ (2007)

Miehen työ (2007)

オリジナルタイトル:Miehen työ

English Title:A Man’s Work

監督:Aleksi Salmenperä

製作国:フィンランド

上映時間:97分

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

仕事をクビになったユーハは失業したことを妻に言えず、いつも通り朝は出かける毎日。一日中行きつけのレストランにこもって電話で職を探すがなかなか見つからない。友人であり妻の別れた前の夫でもあるオッリにも手伝ってもらい、大工仕事の広告をレストランに張り出す。一人の女性が自宅の改装を頼んで来たので下見に行くと、そこで彼女に頼まれたのは、裸で彼女の髪にブラシをかけてほしいというものだった。最初は戸惑ったユーハだったが、その女性からの見返りの金額につられて要求をのんでしまう。そのことをきっかけに、ユーハは妻には秘密にしたまま、慣れない仕事ながらも家族を養うため女性相手の男妾として金を稼ぐことに突き進んでいく。

ひとくちコメント

  • Aleksi Salmenperä 監督が Lapsia ja aikuisia – Kuinka niitä tehdään? (2004) に続き、家族と愛の問題を描く
  • 貧しさから抜け出したい妻
  • 様々な顧客(ダウン症の娘の相手を頼む母親、夫の満足のさせ方を質問する女性、などなど)
  • 長男の実の父親であるオッリとの複雑な関係
  • 仕事の広告の張り紙、洗濯機を修理する夫など、日本ではあまり見かけないがヨーロッパではよく見る光景
  • なんだかんだと傷だらけになるユーハ
  • 男妾の要請の電話になぜか英語で対応するオッリ。それがフィンランドにおけるセックス産業のスタイル?
  • シボレー・カプリスが大好きな長男のアクセリ
  • 休日は家族と森でバーベキュー。フィンランドスタイルかも

追記

初めて映画祭で見た時は、事前にこの映画に関する情報を持ってなくて、その上オープニングタイトルも細かく見ないまま Lapsia ja aikuisia… と似た雰囲気の映画だなーと思ってたら、、、同じ監督の作品でした。
家族を養うために嫌々ながら男妾という仕事を始めてしまう男の話で、もちろん妻には内緒にしていて、あの手この手でごまかしながら男妾を続けていきますが、彼ははなかなか気の弱そうな感じです。仕事に関することだけでなく、オッリとの関係や他の様々なことに関しても、これまでいろいろとごまかして来たような感じです。ただ彼の家族に対する愛情はかなり強いようで、その辺りが男妾という仕事とのギャップを生じさせ、彼を苦しめていくのでしょう。ラストのユーハの決断と、妻のカティアの決断との絡みは、ここで細かく書けないのが残念ですがなかなか見応えがありました。
あと気になったのは、子供がまだ小さいというのもあるのかもしれませんが、北欧の映画には珍しくカティアは専業主婦のようでした。スカンジナビアの国とフィンランドの状況はやはり違うのでしょうか。。。

DVD情報

Ads by Sitemix