エグゼクティブ・プロテクション (2001)

エグゼクティブ・プロテクション (2001)

オリジナルタイトル:Livvakterna

English Title:Executive Protection

日本語タイトル:エグゼクティブ・プロテクション

監督:アンデルス・ニルション Anders Nilsson

製作国:スウェーデン

上映時間:112分

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

あらすじ

テキスタイル会社を経営しているスヴェン・ペルションは、エストニアに工場を設立した後、現地の犯罪組織から脅しを受けるようになった。スヴェンは犯罪組織との交渉を国際的な警備会社と称するドイツ人のニクラス・レーマンという男に依頼する。交渉の場でレーマンのグループは、スヴェンの目の前でエストニアの犯罪組織の一味を皆殺しにしてしまう。恐れをなしたスヴェンはレーマンとの関係を断ち切ろうとするが、レーマンは支払いを要求し、それを渋るスヴェンに脅しをかけてくる。困ったスヴェンが古い友人であるユーアンに相談すると、警察が無力であることを知っているユーアンはある警備会社をスヴェンに紹介し、スヴェンと彼の家族を守ろうとする。

ひとくちコメント

エグゼクティブ・プロテクション (2001)

  • ユーアン・ファルク・シリーズの第2弾
  • エストニアに進出しているスウェーデンの企業
  • ドイツ人の警備会社 vs スウェーデン人の警備会社
  • 相変わらず警察の中で協調性に欠けるユーアン。とうとう自転車盗難担当にとばされる。そして相変わらずヘマもやらかす。
  • ユーアン以上に間抜けなスヴェン
  • ユーアンの過去が明かされる
  • 前作から一転してハイテク戦。銃火器も強力になる。
  • 家族と仕事
  • ニナも健やかに成長。ただし出番が少ないのが残念。3作目での活躍を乞うご期待。
  • 土地の名前がほとんど出てこないのでどこだか詳細な場所はわからないが、ユーアンがイェーテボリの警官であること、ラスト近くのシーンでベーナシュボリから警官が向かうと告げられることなどから、ヴェーネルン湖の南西あたりの地域だと思われる。(グーグルマップ参照

追記

ヨーロッパの中で国際的な犯罪に脅かされているスウェーデンという、この後のユーアン・ファルク・シリーズに続く流れがこの作品から始まっているようで、実際に警備会社の社長モルテンソンが口にする「第三の波(tredje vågen)」 という言葉が、このシリーズ第3作目のタイトルにもなっています。内容も国際的になって来て、登場する言語がスウェーデン語、英語、ドイツ語、そしてわずかにエストニア語と多彩になってきました。
1作目のゼロ・トレランス (1999) もそうでしたが、犯罪に会う側と起こす側、さらにそれを取り締まる側すべてに家族があり、家族ドラマという一面もこのシリーズの特色になっているようです。ただ1作目に比べて登場する家族が裕福になっていて、裕福さと犯罪との関わりということが、映画の中で語られるように国家全体に及ぶことを暗示しているのかもしれません。そんな中、幸せな家庭に縁のない女性が登場し、この作品のアクセントになっているような感じです。
ハリウッドのアクション映画のような派手さはありませんが、リアルでシンプルなアクションを見せており、1作目に劣らず、というよりはアクションの面では進化した感じで、丁寧な作りに好感が持てる1本でした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ond tro (2010)

Ond tro (2010)

オリジナルタイトル:Ond tro

English Title:Bad Faith

監督:Kristian Petri

上映時間:101 分

製作国:スウェーデン

オフィシャル Facebook:Ond Tro | Facebook

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

スウェーデンに移り住んで来たデンマーク人のモナは、人の目を見るとその人の考えていることを感じとる。ある日街を歩いているときに、殺人事件の現場に出くわしてしまう。犯人は立ち去った後だったが、虫の息の犠牲者の目から何かを感じ取ってしまい、犯人に興味を持つようになる。

ひとくちコメント

  • スリラー
  • ドキュメンタリーやテレビシリーズを多く手がける Kristian Petri 監督の劇場長編3本目の作品
  • 見ることと見られること
  • 街の中を歩き回る登場人物たち
  • この手の映画でお決まりのなんとも使えない警察

追記

各登場人物のそれぞれの行動の理由がなかなか読み取れず、意外に難しい映画でした。基本的には見る者と見られる者の関係みたいなものがテーマなのでしょうか? 街の中を登場人物たちが歩き回るのですが、どこの街なのかはっきりわからないのがなんとも残念。もっともスウェーデンの人が見ればわかるのかもしれませんが。。。
そういった感じで、北欧から遠く離れた日本の国の観客には理解に苦しむところも多いのかもしれませんが、それぞれのお国で最近活躍中であるデンマーク人俳優のソニア・リクターとノルウェー人俳優のクリストフェル・ヨーナルが、スウェーデンの映画で共演するというところぐらいは見所の一つになるかもしれません。

DVD情報

 

Flickan (2009)

Flickan (2009)

オリジナルタイトル:Flickan

International English title:The Girl

監督:Fredrik Edfeldt

上映時間:95 分

製作国:スウェーデン

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

一人の少女が夏休みの家族でのアフリカ行きを楽しみにしていたが、出発前に10才では入国できないことがわかり、家族は少女の叔母に世話を頼み、彼女を一人残して旅立ってしまう。残された少女は、飲んだくれの叔母を計略的に追い出し、家族が戻るまで一人だけでの生活を送ることにする。

ひとくちコメント

  • Fredrik Edfeldt の劇場長編初監督作品
  • 少女の成長もの
  • 1981年夏のお話。
  • スウェーデンの田舎。見落としかもしれないが、どの地域かよくわからなかった。
  • この年代だと、やはり男子より女子の方が成長が早い。
  • 湖での水泳教室。
  • スウェーデンでも子供がアイドルに憧れる。・・・で、従姉妹2人で歌って踊るのがABBA。
  • かわいくてあか抜けているが性格が悪いのは都会(ストックホルム)の子
  • 北欧だとやはり10才ぐらいでもある程度英語を話すのか・・・
  • 大人になること、性に対する興味
  • 自分の娘を恥ずかしく思う親

追記

わかってくれない大人、意地悪な友達、成長の度合いを表現するアイテム(飛び込み台、カエル)など、子供の成長を描いた映画にはありがちな要素ばかりのようにも思えますが、弱みを持つ大人を強請ったりして、気弱に見える主人公が意外にずる賢かったりします。
個人的には北欧の中ではアメリカ的な作品が多いようにも思っているスウェーデン映画ですが、どこがどうとはうまく説明できませんが、この映画はなんとなくヨーロッパの匂いがします。そういう意味ではスウェーデン映画ではあっても、デンマーク映画っぽい雰囲気の作品でした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD, Blu-ray 情報

  

Ads by Sitemix