Kærlighed på film (2007)

Kærlighed på film (2007)

オリジナルタイトル:Kærlighed på film

English Title:Just Another Love Story

監督:オーレ・ボールネダル Ole Bornedal

上映時間:100 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人事件の死体撮影を仕事とするカメラマンのヨナスは、特殊なのはその仕事だけで、妻と二人の子供を持つ一般的な夫であり父でもある。彼は郊外に新しいアパートを手に入れて平凡な生活を送っていたのだが、ある朝、一家を乗せた車が路上でえんこし、ヨナスの車をよけようとした一台が大事故を引き起こす。その車を運転していた女性ユリアは重傷を負い、担ぎ込まれた病院で意識不明となる。事故直後のミステリアスなユリアの顔が頭から離れないヨナスは、恋人だと偽りユリアの病室へ様子をうかがいにいこうとするが、病院に居合わせたユリアの家族に、ユリアの実の恋人らしきセバスチャンなる人物と間違われてしまう。じきに意識を取り戻したユリアだったが、視力を失い、セバスチャンの記憶も失っていたユリアの家族の強引な依頼もあり、ヨナスはセバスチャンになりすましたままユリアの世話をしていくことになる。

ひとくちコメント

  • サスペンス・スリラー
  • I Am Dina (2002) のあと5年を経て、オーレ・ボールネダル監督作品として久々に世に出たパラサイト X (2007) の2ヶ月後に公開された作品。
  • 主人公の仕事とプライベートのギャップ
  • コントラストの強い映像
  • 郊外の集合住宅
  • 事故のシーンの見せ方は、なかなか個性的
  • 「フィルム・ノワールは美人とミステリーで始まる」フランクの言葉
  • カンボジアを旅行するデンマーク人
  • ヨナスに白紙の小切手を渡すユリアの父親
  • 庶民の生活と金持ちの生活
  • ヨナスがユリアに話すセバスチャンとしての記憶
  • スーパー・マーケットで別れ話
  • 極めて普通:ユリアの父親によるセバスチャン(ヨナス)評

追記

普通の生活と刺激のある生活の対比。カメラマンとして世界を飛び回る夢を抱いていたヨナスは、仕事で死体毎日のように撮影していながらも、自分の生き方を普通の生活と考えているふしがあって何ともへんな男です。セバスチャンになりすましユリアにアジアでの思い出を話して聞かせますが、これは彼が実際に夢見ていたカメラマンとしての生活のようで、彼がこの映画の中でいちばん生き生きしている瞬間です。その後、映画の中程のユリアの担当医ベックマンの話の所から雰囲気が少し変わってきますが、やはり刺激のある生き方にはリスクがついて回るということなんじゃないでしょうか。

ユリアとセバスチャンの関係で腑に落ちないところがあったり、唐突にオルフェウスとエウリュディケーの話が出て来たり、個人的に疑問に思うところもいくつかあります。日本で公開された作品も少なくないアナス・ベアテルセン、レベッカ・ヘムセ、ニコライ・リー・コスが出演しているボールネダルのスリラー作品でも日本で公開されないというのは、やはりその辺がネックなんでしょうか。とりあえずは、ワイルドな役を演じるニコライ・リー・コスあたりは見所ですかね…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報ほか

オール・アバウト・アンナ (2005)

All About Anna (2005)

オリジナルタイトル:All About Anna

日本語タイトル:オール・アバウト・アンナ

監督:ジェシカ・ニールセン Jessica Nilsson

製作国:デンマーク

上映時間:91分

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

あらすじ

仕事の上でも充実している都会的な女性アンナは理想の男性ヨハンとつきあっていたのだが、彼が船で旅に出たまま音信不通になってしまった。しばらくは悲しみに暮れていたアンナだったが、恋に仕事に自分の人生を楽しむことを決意する。数年が経ち、理想には少し足りないものの新しい恋人も見つけ、住むところも変えてこれからの人生を謳歌しようとした矢先に、運送業者として働いているヨハンと再会する。

ひとくちコメント

  • エロティック・ラブロマンス
  • ラース・フォン・トリアーなどにより設立されたプロダクションである Zentropa がポルノのジャンルに進出し、女性向けのポルノ映画シリーズとして製作したもののひとつ。
  • デンマークのエロティック専門のポータルサイト Side6 が2007年にスカンジナビアのアダルト映画を対象におこなった、スカンジナビアン・アダルト大賞(Scandinavian Adult Award)の3部門で受賞。(ベスト・カップル・フィルム、男優賞、ベスト・セリング・スター)
  • ポルノとは言っても、よくあるラブロマンスものに、ちょっと長めのセックス・シーンが挟まる程度。リアルなセックス・シーンのあるセックス・アンド・ザ・シティ(2008) みたいな感じか…
  • 劇場公開用ではなく、元々DVDで発売された。初めて難聴者用の字幕がついたデンマークのポルノDVDだったとのこと。
  • 4部構成(ということみたい。あまり分ける意味は感じず)
  • フランスでのシーンで2、3語フランス語が出てくる以外は全編英語。国際市場狙い?
  • 常に音楽がなり続ける。ちょっとしつこい感じも。
  • リアリズムを追求するため(!? らしい…)、ストーリーの冒頭のセックス・シーンは、主演のグリ・バイが当時実際に住んでいたアパートで撮影が行われたとのこと。
  • 一般映画の俳優さんがほとんどだが、なぜかフランス人の女の子ゾフィだけは本職のポルノ女優が演じている
  • 主人公のアンナを演じるグリ・バイは、歌手としての活動も行っている。この映画によりセクシー女優として有名になる。

追記

現代の都会で働く活動的な女性とは恋人との性生活は切り離せないものだろうし、たしかに製作者側が言うように “セックス・シーンを取ってしまうとドラマが破綻する” ということもあるかもしれませんが、なり続ける音楽や多用される幻想シーンのためか、そこまでリアリズムを感じられず、本当にこの映画に Unsimulated sex (英語ではこう表現するらしい)が必要だったかどうかまではよくわかりません。60年代から70年代にかけて、この Unsimulated sex シーンのある一般映画が北欧ではたびたび製作されて来ているようですし、そこまで疑問に思う必要もないのかもしれませんが。。。
それよりも「女性向けのポルノ映画」というものが本当に存在するのかどうか、あるいは、存在するとしたらそれはどのように存在できるのか… その辺りがまだよくわかりません。長年放っておいてしまっているジェンダー/セクシャリティ関係の教科書をもう一度あたってみようと思います。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

  

Alting bliver godt igen (2010)

Alting bliver godt igen (2010)

オリジナルタイトル:Alting bliver godt igen

English Title:Everything Will be Fine

監督:クリストファー・ボー Christoffer Boe

製作国:デンマーク | スウェーデン | フランス

上映時間:90分

日本劇場未公開

予告編

あらすじ

締め切りの迫っているシナリオライターのヤコブは、帰宅途中に青年アリを車ではねてしまう。ひん死の重傷のアリは、駆け寄ったヤコブに自分の荷物をもって逃げるように言う。ヤコブは動転したままアリの言葉に従いその場を離れるが、アリの荷物の中に中東で捕虜を拷問するデンマーク兵の写真を発見する。スキャンダラスな写真の事実について調査を始めたヤコブだったが、その時からヤコブは周囲に怪しい気配を感じ始める。

ひとくちコメント

  • スリラー/ミステリー
  • 2011年デンマーク・アカデミー賞の数部門でノミネート。ただしどれも受賞に至らず。
  • 前作 Offscreen (2006) から4年振りのクリストファー・ボーの長編
  • 仕事に悩む芸術家
  • 舞台はコペンハーゲン・・・らしい
  • ヤコブの世界とアリの世界
  • デンマーク映画おなじみの俳優陣(イェンス・アルビヌス、パプリカ・スティーン、ニコラス・ブロほか)が不思議なストーリーを支える
  • 街並の見せ方が独特
  • 台所用品で拷問?

追記

相変わらず都会派でおしゃれな画作りのクリストファー・ボーです。街の汚い部分は全くと言っていいほど出てきません。前作 Offscreen とはジャンルやプロットこそ違いますが、登場人物が映画製作と同時にその仕事とパートナーとの関係で悩むなど、似ている部分があるようにも思います。主人公のヤコブがあまりに神経質そうで、観客はヤコブに振り回される周囲の人物たちの立場でこの主人公を見てしまうような気もしますし、その点でも前作に似ているのかもしれません。
ストーリーの内容はよくあるようなミステリーものですが、映画内にでてくる海外派兵、諜報組織、養子縁組などにかんして細かく描かれているわけではないので、デンマークにおけるこれらの状況に関する情報をほとんど持たない日本人にとって、その辺りはピンと来ないかもしれません。

DVD情報

 

Ads by Sitemix