Bye Bye Blue Bird (1999)

Bye Bye Blue Bird (1999)

オリジナルタイトル:Bye Bye Blue Bird

監督:Katrin Ottarsdóttir

上映時間:97分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

あらすじ

ランヴァとバーバの友人2人は、長年の外国暮らしから久々に故郷のフェロー諸島に戻ってきた。奇抜な格好の二人は静かな島の風景には不釣り合いで、あえて外国語で話しかけたりしてまるで外国人観光客のよう。生まれて間もなく両親が離婚してフェロー諸島を離れたバーバは、それ以来顔を合わせたことのない母親に会いにいくが、既に再婚して子供もあり、何も知らない今の夫に追い払われてしまう。頭に来たバーバは母親の家の窓ガラスに石を投げつけて割ってしまい、母親の夫に追いかけられる。そこから逃げ出したランヴァとバーバは偶然通りかかった地元の漁師ルニに助けられ、彼とともに北へ向かうことにする。

メモ

  • ロードムービー
  • Katrin Ottarsdóttir 監督の実の娘である Hildigunn Eyðfinnsdóttir がメインキャラクターの一人 ランヴァを演じる
  • フェロー諸島の自然がいっぱい。フェローの自然と言えば・・・もちろん海鳥もいっぱい。
  • 小型版だが、名物のチェーンダンスも見られる
  • 念のためフェロー諸島の場所を知らない人のために。。グーグルマップ参照

コメント

Katrin Ottarsdóttir 監督は、コペンハーゲンの映画学校で映画を学んだ初のフェロー人らしい。フェーロー人によるフェロー語を話されているフェロー諸島が舞台の長編映画は、ドキュメンタリーも含めこの作品以外には同じ監督の作品2本ぐらいしか見当たらないし、そういうことだけでも相当貴重な映画です。Katrin Ottarsdóttir 監督はこの作品の他に、フェロー諸島に関するドキュメンタリーも数本手がけており、最近ではフェロー諸島に住むアーティストに関するドキュメンタリー3部作も製作しています。

この映画の中で描かれているのは母と娘の物語で、バーバにとっては母との再会であり、ランヴァにとっては娘との再会です。そこに妻と息子に逃げられたルニの物語が加わり、フェロー諸島を離れた者とそこに残った者の様々なストーリーが絡んでいきます。監督の Katrin Ottarsdóttir は実の娘にランヴァを演じさせながら、自分の母とも言える故郷への帰還という物語の中で自らのフェロー人としてのアイデンティティを見つめ直しているのかもしれません。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

フレッシュ・デリ (2003)

De grønne slagtere (2003)

オリジナルタイトル:De grønne slagtere

English Title:The Green Butchers

日本語タイトル:フレッシュ・デリ

監督:アナス・トマス・イェンセン Anders Thomas Jensen

上映時間:100分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

店主のホルガーに嫌気がさしたスヴェンとビャーンは勤めていた肉屋を辞め、自分たちで新たな肉屋を開店する。開店初日に客は一人も来ない。落ち込んだスヴェンは、配線の修理作業をしていた男を肉の貯蔵庫に閉じ込めてしまったことにも気づかずに帰宅してしまう。

メモ

  • ブラックコメディ
  • 子供の頃はいじめられっ子で、自分に自信が持てない汗かきのスヴェン
  • 7年前の事故で植物人間になった双子の弟アイギルを避けるビャーン
  • 冬は葬儀屋が忙しい
  • 公園にいた小さなスウェーデン人
  • 新婚旅行のとき飛行機事故で山の中に墜落し、新婦を食べて生き残った牧師
  • 毎年220人のデンマーク人が失踪している… らしい
  • Levnedsmiddelkontrollen の調査が入る。保健所の調査員みたいなもの?
  • ビャーンへ贈る花束を持って現れるスヴェン
  • アイギルのことを Brille abe(メガネザル?)とバカにするスヴェン

コメント

脚本家として活躍するアナス・トマス・イェンセンの長編2作目の監督作品。ミフネ (1998)しあわせな孤独 (2002) などのドグマ95の映画作品のシナリオも手がけていますが、彼の監督作品はある意味ドグマの対極にあるような映画なので、この作品はドグマ映画を受けつけない人でも楽しめる映画だと思います。時代描写や田舎町のようすが曖昧に描かれ、雰囲気としてはシザーハンズ (1990) みたいな感じかな… 日本で出てるDVDの意味不明なパッケージを見て驚いてしまいましたが、少なくともホラー映画ではないです。そして他のイェンセン作品の例に漏れず、これまた奇妙なキャラクターたちの描き方は秀逸でした。

肉を食べることには殺害とか解体とかがついてまわるにも関わらず、私たちが普段目にしない世界としてそのことを直接目の当たりにさせる映画だったり、そのような肉屋の裏で行われているミステリアスなことを描く映画もいろいろありますが、それに加え殺人や人肉食などショッキングな内容がストーリーに絡んできながらも、コメディとしてほとんど血液を見せないような描き方というのもなかなかすごくて、血液自体が笑いのもとになってたりストーリーの中の重要な要素になってたりする他のイェンセン作品には見られないものでした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ekko (2007)

Ekko (2007)

オリジナルタイトル:Ekko

English Title:Echo

日本語フェスティバルタイトル:記憶の谺(こだま)

監督:アナス・モーゲンターラー Anders Morgenthaler

上映時間:80 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008で上映)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

警官のシモンは離婚に際して養育権を失い、夏のある日、別れた妻の所から息子のルイを連れ去ってきた。誘拐犯として警察に追われる身になったシモンは人里離れた差し押さえになった一軒家に忍び込み、他人との接触を避けるように親子の生活を始める。だがその時から、シモンは悪夢に悩まされるようになる。

メモ

  • スリラータッチのドラマ
  • デンマークの田舎。田園と海岸が続く。
  • 無人のサマーハウス
  • 仲のよい父と子
  • 日本ではあまり見ない形のネズミ捕り
  • 自分の父親と同じにはならないと叫ぶシモン
  • ドイツ語でスーパーの店員の目をごまかそうとするシモンに対し、デンマーク語がわからないと信じて、下品なデンマーク語でシモンに話しかけるアンジェリク
  • この映画で憶えた単語:Kødpølse, Bøsse, Vandskræk

コメント

Princess (2006) で長編デビューしたアナス・モーゲンターラー監督が、今度は実写映像で父と息子の絆を描きます。これまでアニメーションを多く手がけてきたモーゲンターラーだけに、ルイの描くパラパラマンガ風の絵に、監督のアニメーションに対する思い入れが感じられました。

シモンとルイの関係を描く描写が続き、はじめはただの仲のよい親子の夏休みと言った感じですが、シモンがルイといっしょに人里離れたこの地にやってきた理由がじわじわと明らかになっていき、そこにシモンの見る悪夢が絡んできてドラマをもり立てていきます。ただ、養育権を失った父親とその息子の関係とか、そこに絡んでくる女性の存在とか、ハリウッド映画にもありそうな設定で、映画の中に北欧らしさ(デンマークらしさ)はほとんど見られませんでした。逆に言えば、デンマーク映画に慣れていない人でも楽しめる作品なのかもしれませんが…

ゼイ・イート・ドッグス (1999)プッシャー (1999) での乱暴者のイメージが強いキム・ボドゥニア Kim Bodnia が優しい父親を演じているのが驚き。。。そのほか、Princess から引き続きステン・フィスケ・クリステンセン Stine Fischer Christensen がモーゲンターラー作品に出演しています。クリステンセンは En soap (2006) で長編監督デビューした Pernille Fischer Christensen の妹で、私が映画の中で見る時は少し思慮の足らなそうな女の子の役が多いからかもしれませんが、ちょっと前のジュリエット・ルイスのようなイメージです。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

Ads by Sitemix