Zero. Alyvine Lietuva (2006)

Zero. Alyvine Lietuva (2006)

オリジナルタイトル:Zero. Alyvine Lietuva

English Title:Zero. Lilac Lithuania

監督:Emilis Vėlyvis

上映時間:82分

製作国:リトアニア

日本劇場未公開

オープニング

YouTube Preview Image

あらすじ

妻に会うために逃げてきた脱走兵。女に売春婦を装って男を誘わせ、引っかかった男から金を奪うジャンキー集団。マフィアからの借金がかさみ、いよいよ自分の身が危なくなってきた悪徳葬儀屋。彼らの行動がどこかで絡み合っていく。

メモ

  • クライムコメディ
  • ドイツ人のケツは骨付き肉。リトアニア人のケツは?
  • ルーレットで1,000 LTL(≒ 289.62 EUR)を赤に賭ける葬儀屋(1 EUR = 3.4528 LTL)
  • 「Kalvarijų マーケット(Kalvarijų turgus)ではもっといいものが手に入る」ヴォフカがカーオーディオを売りつけようとしたときに言われる言葉。Kalvarijų マーケットはヴィリニュスの蚤の市で、様々なリトアニアのものを買えるところとして旅行者にも有名らしい。(グーグルマップ参照
  • 「KING OF PORNO」と胸に書かれたTシャツを奪う脱走兵

コメント

パルプフィクション (1994) と同じタイプのクライムコメディで、登場人物たちの行動がいろんなところでつながっていきます。映画内の時間をずらしてストーリーをつなげていく手法はキューブリックの現金に体を張れ (1956) 以来たまに見かけますが、「こういうことだったのか!」という感覚を味あわせるための伏線のはり方と、全体のテンポが重要だと個人的には考えてます。その点ではこの作品は十分に楽しめる作品でしたが、パルプフィクション同様、チンピラ的な登場人物が多いストーリーではスラングだらけだったりして、馴染みのないリトアニア人のジョークなんかも私みたいなバリバリの日本人にはちょっと難しかったです。とりあえず、逝きまくってる登場人物たちのトラブル続きで抜け道のない人生については結構笑えました。

関連記事、サイト、ブログ等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/09/zero-alyvine-lietuva-2006/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix