フレッシュ・デリ (2003)

De grønne slagtere (2003)

オリジナルタイトル:De grønne slagtere

English Title:The Green Butchers

日本語タイトル:フレッシュ・デリ

監督:アナス・トマス・イェンセン Anders Thomas Jensen

上映時間:100分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(DVD発売)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

店主のホルガーに嫌気がさしたスヴェンとビャーンは勤めていた肉屋を辞め、自分たちで新たな肉屋を開店する。開店初日に客は一人も来ない。落ち込んだスヴェンは、配線の修理作業をしていた男を肉の貯蔵庫に閉じ込めてしまったことにも気づかずに帰宅してしまう。

メモ

  • ブラックコメディ
  • 子供の頃はいじめられっ子で、自分に自信が持てない汗かきのスヴェン
  • 7年前の事故で植物人間になった双子の弟アイギルを避けるビャーン
  • 冬は葬儀屋が忙しい
  • 公園にいた小さなスウェーデン人
  • 新婚旅行のとき飛行機事故で山の中に墜落し、新婦を食べて生き残った牧師
  • 毎年220人のデンマーク人が失踪している… らしい
  • Levnedsmiddelkontrollen の調査が入る。保健所の調査員みたいなもの?
  • ビャーンへ贈る花束を持って現れるスヴェン
  • アイギルのことを Brille abe(メガネザル?)とバカにするスヴェン

コメント

脚本家として活躍するアナス・トマス・イェンセンの長編2作目の監督作品。ミフネ (1998)しあわせな孤独 (2002) などのドグマ95の映画作品のシナリオも手がけていますが、彼の監督作品はある意味ドグマの対極にあるような映画なので、この作品はドグマ映画を受けつけない人でも楽しめる映画だと思います。時代描写や田舎町のようすが曖昧に描かれ、雰囲気としてはシザーハンズ (1990) みたいな感じかな… 日本で出てるDVDの意味不明なパッケージを見て驚いてしまいましたが、少なくともホラー映画ではないです。そして他のイェンセン作品の例に漏れず、これまた奇妙なキャラクターたちの描き方は秀逸でした。

肉を食べることには殺害とか解体とかがついてまわるにも関わらず、私たちが普段目にしない世界としてそのことを直接目の当たりにさせる映画だったり、そのような肉屋の裏で行われているミステリアスなことを描く映画もいろいろありますが、それに加え殺人や人肉食などショッキングな内容がストーリーに絡んできながらも、コメディとしてほとんど血液を見せないような描き方というのもなかなかすごくて、血液自体が笑いのもとになってたりストーリーの中の重要な要素になってたりする他のイェンセン作品には見られないものでした。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/09/degronneslagtere-2003/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix