Bye Bye Blue Bird (1999)

Bye Bye Blue Bird (1999)

オリジナルタイトル:Bye Bye Blue Bird

監督:Katrin Ottarsdóttir

上映時間:97分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

あらすじ

ランヴァとバーバの友人2人は、長年の外国暮らしから久々に故郷のフェロー諸島に戻ってきた。奇抜な格好の二人は静かな島の風景には不釣り合いで、あえて外国語で話しかけたりしてまるで外国人観光客のよう。生まれて間もなく両親が離婚してフェロー諸島を離れたバーバは、それ以来顔を合わせたことのない母親に会いにいくが、既に再婚して子供もあり、何も知らない今の夫に追い払われてしまう。頭に来たバーバは母親の家の窓ガラスに石を投げつけて割ってしまい、母親の夫に追いかけられる。そこから逃げ出したランヴァとバーバは偶然通りかかった地元の漁師ルニに助けられ、彼とともに北へ向かうことにする。

メモ

  • ロードムービー
  • Katrin Ottarsdóttir 監督の実の娘である Hildigunn Eyðfinnsdóttir がメインキャラクターの一人 ランヴァを演じる
  • フェロー諸島の自然がいっぱい。フェローの自然と言えば・・・もちろん海鳥もいっぱい。
  • 小型版だが、名物のチェーンダンスも見られる
  • 念のためフェロー諸島の場所を知らない人のために。。グーグルマップ参照

コメント

Katrin Ottarsdóttir 監督は、コペンハーゲンの映画学校で映画を学んだ初のフェロー人らしい。フェーロー人によるフェロー語を話されているフェロー諸島が舞台の長編映画は、ドキュメンタリーも含めこの作品以外には同じ監督の作品2本ぐらいしか見当たらないし、そういうことだけでも相当貴重な映画です。Katrin Ottarsdóttir 監督はこの作品の他に、フェロー諸島に関するドキュメンタリーも数本手がけており、最近ではフェロー諸島に住むアーティストに関するドキュメンタリー3部作も製作しています。

この映画の中で描かれているのは母と娘の物語で、バーバにとっては母との再会であり、ランヴァにとっては娘との再会です。そこに妻と息子に逃げられたルニの物語が加わり、フェロー諸島を離れた者とそこに残った者の様々なストーリーが絡んでいきます。監督の Katrin Ottarsdóttir は実の娘にランヴァを演じさせながら、自分の母とも言える故郷への帰還という物語の中で自らのフェロー人としてのアイデンティティを見つめ直しているのかもしれません。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/09/bye-bye-blue-bird-1999/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix