Miehen työ (2007)

Miehen työ (2007)

オリジナルタイトル:Miehen työ

English Title:A Man’s Work

監督:Aleksi Salmenperä

製作国:フィンランド

上映時間:97分

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

仕事をクビになったユーハは失業したことを妻に言えず、いつも通り朝は出かける毎日。一日中行きつけのレストランにこもって電話で職を探すがなかなか見つからない。友人であり妻の別れた前の夫でもあるオッリにも手伝ってもらい、大工仕事の広告をレストランに張り出す。一人の女性が自宅の改装を頼んで来たので下見に行くと、そこで彼女に頼まれたのは、裸で彼女の髪にブラシをかけてほしいというものだった。最初は戸惑ったユーハだったが、その女性からの見返りの金額につられて要求をのんでしまう。そのことをきっかけに、ユーハは妻には秘密にしたまま、慣れない仕事ながらも家族を養うため女性相手の男妾として金を稼ぐことに突き進んでいく。

ひとくちコメント

  • Aleksi Salmenperä 監督が Lapsia ja aikuisia – Kuinka niitä tehdään? (2004) に続き、家族と愛の問題を描く
  • 貧しさから抜け出したい妻
  • 様々な顧客(ダウン症の娘の相手を頼む母親、夫の満足のさせ方を質問する女性、などなど)
  • 長男の実の父親であるオッリとの複雑な関係
  • 仕事の広告の張り紙、洗濯機を修理する夫など、日本ではあまり見かけないがヨーロッパではよく見る光景
  • なんだかんだと傷だらけになるユーハ
  • 男妾の要請の電話になぜか英語で対応するオッリ。それがフィンランドにおけるセックス産業のスタイル?
  • シボレー・カプリスが大好きな長男のアクセリ
  • 休日は家族と森でバーベキュー。フィンランドスタイルかも

追記

初めて映画祭で見た時は、事前にこの映画に関する情報を持ってなくて、その上オープニングタイトルも細かく見ないまま Lapsia ja aikuisia… と似た雰囲気の映画だなーと思ってたら、、、同じ監督の作品でした。
家族を養うために嫌々ながら男妾という仕事を始めてしまう男の話で、もちろん妻には内緒にしていて、あの手この手でごまかしながら男妾を続けていきますが、彼ははなかなか気の弱そうな感じです。仕事に関することだけでなく、オッリとの関係や他の様々なことに関しても、これまでいろいろとごまかして来たような感じです。ただ彼の家族に対する愛情はかなり強いようで、その辺りが男妾という仕事とのギャップを生じさせ、彼を苦しめていくのでしょう。ラストのユーハの決断と、妻のカティアの決断との絡みは、ここで細かく書けないのが残念ですがなかなか見応えがありました。
あと気になったのは、子供がまだ小さいというのもあるのかもしれませんが、北欧の映画には珍しくカティアは専業主婦のようでした。スカンジナビアの国とフィンランドの状況はやはり違うのでしょうか。。。

DVD情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/08/miehen-tyo-2007/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix