Kærlighed på film (2007)

Kærlighed på film (2007)

オリジナルタイトル:Kærlighed på film

English Title:Just Another Love Story

監督:オーレ・ボールネダル Ole Bornedal

上映時間:100 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

殺人事件の死体撮影を仕事とするカメラマンのヨナスは、特殊なのはその仕事だけで、妻と二人の子供を持つ一般的な夫であり父でもある。彼は郊外に新しいアパートを手に入れて平凡な生活を送っていたのだが、ある朝、一家を乗せた車が路上でえんこし、ヨナスの車をよけようとした一台が大事故を引き起こす。その車を運転していた女性ユリアは重傷を負い、担ぎ込まれた病院で意識不明となる。事故直後のミステリアスなユリアの顔が頭から離れないヨナスは、恋人だと偽りユリアの病室へ様子をうかがいにいこうとするが、病院に居合わせたユリアの家族に、ユリアの実の恋人らしきセバスチャンなる人物と間違われてしまう。じきに意識を取り戻したユリアだったが、視力を失い、セバスチャンの記憶も失っていたユリアの家族の強引な依頼もあり、ヨナスはセバスチャンになりすましたままユリアの世話をしていくことになる。

ひとくちコメント

  • サスペンス・スリラー
  • I Am Dina (2002) のあと5年を経て、オーレ・ボールネダル監督作品として久々に世に出たパラサイト X (2007) の2ヶ月後に公開された作品。
  • 主人公の仕事とプライベートのギャップ
  • コントラストの強い映像
  • 郊外の集合住宅
  • 事故のシーンの見せ方は、なかなか個性的
  • 「フィルム・ノワールは美人とミステリーで始まる」フランクの言葉
  • カンボジアを旅行するデンマーク人
  • ヨナスに白紙の小切手を渡すユリアの父親
  • 庶民の生活と金持ちの生活
  • ヨナスがユリアに話すセバスチャンとしての記憶
  • スーパー・マーケットで別れ話
  • 極めて普通:ユリアの父親によるセバスチャン(ヨナス)評

追記

普通の生活と刺激のある生活の対比。カメラマンとして世界を飛び回る夢を抱いていたヨナスは、仕事で死体毎日のように撮影していながらも、自分の生き方を普通の生活と考えているふしがあって何ともへんな男です。セバスチャンになりすましユリアにアジアでの思い出を話して聞かせますが、これは彼が実際に夢見ていたカメラマンとしての生活のようで、彼がこの映画の中でいちばん生き生きしている瞬間です。その後、映画の中程のユリアの担当医ベックマンの話の所から雰囲気が少し変わってきますが、やはり刺激のある生き方にはリスクがついて回るということなんじゃないでしょうか。

ユリアとセバスチャンの関係で腑に落ちないところがあったり、唐突にオルフェウスとエウリュディケーの話が出て来たり、個人的に疑問に思うところもいくつかあります。日本で公開された作品も少なくないアナス・ベアテルセン、レベッカ・ヘムセ、ニコライ・リー・コスが出演しているボールネダルのスリラー作品でも日本で公開されないというのは、やはりその辺がネックなんでしょうか。とりあえずは、ワイルドな役を演じるニコライ・リー・コスあたりは見所ですかね…

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報ほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/08/kaerlighed-pa-film-2007/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix