Ekko (2007)

Ekko (2007)

オリジナルタイトル:Ekko

English Title:Echo

日本語フェスティバルタイトル:記憶の谺(こだま)

監督:アナス・モーゲンターラー Anders Morgenthaler

上映時間:80 分

製作国:デンマーク

日本劇場未公開(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008で上映)

予告編

YouTube Preview Image

あらすじ

警官のシモンは離婚に際して養育権を失い、夏のある日、別れた妻の所から息子のルイを連れ去ってきた。誘拐犯として警察に追われる身になったシモンは人里離れた差し押さえになった一軒家に忍び込み、他人との接触を避けるように親子の生活を始める。だがその時から、シモンは悪夢に悩まされるようになる。

メモ

  • スリラータッチのドラマ
  • デンマークの田舎。田園と海岸が続く。
  • 無人のサマーハウス
  • 仲のよい父と子
  • 日本ではあまり見ない形のネズミ捕り
  • 自分の父親と同じにはならないと叫ぶシモン
  • ドイツ語でスーパーの店員の目をごまかそうとするシモンに対し、デンマーク語がわからないと信じて、下品なデンマーク語でシモンに話しかけるアンジェリク
  • この映画で憶えた単語:Kødpølse, Bøsse, Vandskræk

コメント

Princess (2006) で長編デビューしたアナス・モーゲンターラー監督が、今度は実写映像で父と息子の絆を描きます。これまでアニメーションを多く手がけてきたモーゲンターラーだけに、ルイの描くパラパラマンガ風の絵に、監督のアニメーションに対する思い入れが感じられました。

シモンとルイの関係を描く描写が続き、はじめはただの仲のよい親子の夏休みと言った感じですが、シモンがルイといっしょに人里離れたこの地にやってきた理由がじわじわと明らかになっていき、そこにシモンの見る悪夢が絡んできてドラマをもり立てていきます。ただ、養育権を失った父親とその息子の関係とか、そこに絡んでくる女性の存在とか、ハリウッド映画にもありそうな設定で、映画の中に北欧らしさ(デンマークらしさ)はほとんど見られませんでした。逆に言えば、デンマーク映画に慣れていない人でも楽しめる作品なのかもしれませんが…

ゼイ・イート・ドッグス (1999)プッシャー (1999) での乱暴者のイメージが強いキム・ボドゥニア Kim Bodnia が優しい父親を演じているのが驚き。。。そのほか、Princess から引き続きステン・フィスケ・クリステンセン Stine Fischer Christensen がモーゲンターラー作品に出演しています。クリステンセンは En soap (2006) で長編監督デビューした Pernille Fischer Christensen の妹で、私が映画の中で見る時は少し思慮の足らなそうな女の子の役が多いからかもしれませんが、ちょっと前のジュリエット・ルイスのようなイメージです。

関連記事、サイト、ブログ等

DVD情報

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2011/08/ekko-2007/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix