Paha maa (2005)

Paha maa (2005)

オリジナルタイトル:Paha maa

English title:Frozen Land

監督:アク・ロウヒミエズ Aku Louhimies

上映時間:130 分

製作国:フィンランド

日本劇場未公開

公式サイト:Solarfilms Inc. : Frozen Land [en]

予告編

あらすじ

教師の父を持つニコ。その父親が職を失い荒れた生活を送り始め、ニコのCDプレーヤを酒代のために売り払い、ニコは嫌気がさして家を出る。彼は友 人に連れられていったパーティで偽札を手に入れ、CDプレーヤを手に入れるためにその偽札を使うのだが、あとでそれが偽札だと気づいた店主は、中古のテレ ビを売りに来たイストにその偽札を渡してしまう。

ひとくちコメント

  • 愛ではないすべて (2000) のアク・ロウヒミエズ監督の2005年の作品
  • 序盤は軽めの人間ドラマ風。話が進むに連れて重くなる。
  • 過ちの連鎖。どこかでつながっている。
  • カオス理論を教える教師。その教師がカオスに巻き込まれていく。
  • 舞台は雪の積もったヘルシンキ。そのヘルシンキで問題を抱えながら生きていく人達。
  • 各出来事の主人公となる人物は何人いるだろうか。6人ぐらい?
  • 中・低層階級の人々。わずかに高級な暮らし。そして失業問題など、これがフィンランドの現状?
  • 500ユーロ札なんて実物を見たことない。(200ユーロ札ですらない。100ユーロ札を一度だけ)おそらくほとんどの人がそうで、簡単にだまされるのかもしれない。

追記

社会に生きる人達の生活がどこかでつながっているということを見て取れる映画ですが、バベル (2006) ほどの広い世界ではなく、ヘルシンキという一つの都市に生きる人達のお話。バベルと 同様に悲劇的な面でつながっているのですが、そのつながりをドラマチックに描くのではなく、淡々とした生活の中で知らないうちにつながっていた、、、という感じ。ちょっと無理ヤリに思える箇所もありますが、各エピソードの中でほかの登場人物を見つける楽しみもあったりします。

関連記事、サイト、ブログ等

ソフト情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2010/11/paha-maa-2005/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix