Krišana (2005)

Krisana (2005)

オリジナルタイトル:Krišana

English title (Festival in Australia):Fallen

German title:Glut

監督:Fred Kelemen

上映時間:90 分

製作国:ラトヴィア | ドイツ

日本劇場未公開

シーン(抜粋)

あらすじ

単調な生活を送っているマティスは、ある夜、橋の上から一人の女が川に飛び込むのを目撃する。警察を呼んで捜索したが女性は見つからなかった。女のことが気になったマティスは、翌日現場近くのバーで、その女性が残していったバッグと書きかけの手紙を手に入れる。

ひとくちコメント

  • ドラマ。なんとなくミステリー。
  • 荒いモノクロの映像に長回しのショット。ほとんどワンシーン−ワンショット。
  • 生活の中のあらゆる音
  • 現像所に残されたフィルムに記録された人生。
  • そしてアーカイブで働く主人公。あらゆる文書が整然と保管される。
  • 許す者と許される者
  • ロケ地はリガ
  • 監督の Fred Kelemen はハンガリー系ドイツ人。美術、音楽、哲学、宗教などを学び、ヨーロッパ各国で映画の仕事をこなす。ヨーロピアン・フィルム・アカデミー会員。

追記

哲学的というか宗教的というか、そういった重い内容にも関わらず、ストーリーは単純だし、台詞も難しいことを言っている訳ではないので、意外に面白く見れる映画だと思います。現代社会に生きる人々の疲労感と、荒涼とした街並を荒れたモノトーンの長回しで見せる映像にまずは目がいくと思いますが、各シーンの なかで聞こえてくる普段の生活の中にある様々な音が印象に残る作品でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバック URL: http://nordiccinema.sitemix.jp/2010/11/krisana-2005/trackback/

コメントフィード

Ads by Sitemix